球速アップにおいて、下半身がとても大切となります。
しかし、下半身を使うことの認識において間違えてはいけないことは、下半身のきつさを求めていくことが下半身を使うということではありません。

体重移動で加速した勢いを前足で止めて上半身を加速させ、安定した投球、腕のスイングを速くしてリリースポイントを一定にすることが目的です。

下半身を使おうと「きつさ」だけを追い求めてしまう選手もいるので、その辺りは注意が必要となります。

ここからは下半身の正しい使い方について3点、ご紹介していきます。

 

①上半身だけでは十分なタメが作れない

球速を上げていくためには、軸足(右投手は右足、左投手は左足)にしっかりと体重を乗せた状態を作り、体重移動を行なっていく必要があります。

上半身でいくらひねり、タメの形を作り出そうとしても、体の開きが早くなってしまい、球速が上がりにくいフォームになってしまいます。

軸足のタメ

この軸足に体重を乗せるコツですが、股関節に体重を乗せていくことで、タメを作りやすく、その後の体重移動もスムーズに行うことができ、球速をアップさせることも可能となります。

軸足に乗れない

 

②土台ができないことでリリースに力が入らない

投球動作において、下半身というのは速い腕のスイングをするための『土台』となります。
この土台が安定していなければ、当然リリースポイントでは力が入りません。

下に沈む

また、この土台を作る上で確認すべきポイントは、「ステップ幅」です。

ステップ幅が合っていないと、体重移動時に頭の位置が上下してしまったり、前足が着地した時に下に沈み込んでしまうケースもあります。

投球方向に対して直線的にしっかり加速する形で体重移動を行えるように確認してください。

また、ステップ幅が極端に狭い選手が広くした時に、低く沈みこんだ形になるのは、前足の乗り方が安定していないケースが多いものです。

しっかり前足の股関節を支点にして回転動作を行えるような体重移動ができるように最適なステップ幅を見つけ出してく、土台となる下半身が安定する形を見つけ出してください。

 

③前足に乗らないことで腕が加速しない

球速をアップさせるために前足はとても重要な役割をしています。

この前足が、安定していなければ投球のバランス、リリースポイントは安定しなくなり、腕のスイングを加速させることはできません。

腕の振り

この前足が安定しているかどうか判断するためには「膝」を注目していただきたいのです。

この膝が着地してから動いてしまう選手は前足で踏ん張ることが難しくなり、フルに使えていない可能性が高いのです。

「膝が割れている!」

こうしたアドバイスを受けたことがある選手は特に注意が必要です。

このような状態は、太ももの筋肉のみで支えようとしてしまいその負荷に耐えきれずに回転動作時に膝が動いてしまいます。

こういったケースでよく「下半身が弱い!」そう表現されたりするものですが、股関節に乗せることができれば安定するケースが多いものです。

 

最後に、、、

「ピッチャーは下半身が大事だ!」 といっても 「右足」と「左足」があるのでそれぞれの使い方が異なり、その特性を理解していかなければ 下半身をフルに使うことができずに球速が上がってこないことがあるものです。

簡単に説明すると、軸足(右投げは右足、左投げは左足)は 投球に勢いをつける足です。
踏み出し足(右投げは左足、左投げは右足)は 勢いを止めるためのブレーキの足です。

軸足の力をフルに使い、体重移動を加速させていくことで 勢いをつけて投げることができます。
これは、遠投などの助走と同様で、加速した状態から勢いよく投げることができれば 投球方向へと しっかりと力を伝えることができるので、必然的に腕のスイングも速くなるので 球速は上がってくるものです。

しかし “ただ”軸足の力が強く、体重移動を加速させる形を 作り出すことができたとしても、踏み出し足でブレーキを効かせ、加速させた勢いを一気に 止めることができなければ、ボールを投げる『腕』というのは加速することができません。

つまり! 投球動作では、加速させるため軸足と 加速した勢いを止めるための踏み出し足とでは、使い方が異なるのでこの辺りを理解して取り組んでいく必要があります。



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録