球速アップ

球速アップをしていくためには、投球フォームを見直していくことが大切となります。
しかし、ただ「綺麗なフォーム」で投げていても、球速がアップするとは限りません。

今回は球速アップにおいて、大切なことをお伝えさせていただきます。

 

球速アップを目的として、投球フォームを修正していくためには、ただ、肘が下がっているから肘を上げる。体の開きが早いから体の開きを遅らせるようにする。などといった単純なものではありません。

そこで、、、大切となるのが『投球フォームのタイミング』を習得することです。

投球フォーム

球速アップに必要なタイミング

『タイミング』という言葉を聞いた時にどのようなことをイメージしますか?

 

おそらく真っ先にバッティングをイメージするのではないでしょうか。

バッティング

野球のタイミングは

・打撃のタイミング
・投球のタイミング
・捕球のタイミング
・ランナーのスタートのタイミング

などがあり、さらに技術的なこと以外にも

・試合中タイムをかけるタイミング
・牽制を入れるタイミング
・打席を外すタイミング
・準備を開始するタイミング

など様々なタイミングがあります。

 

これらのことが全てマッチすることで、あなたが持っている最高のパフォーマンスを発揮できるものです。

 

球速アップさせるためにも、『タイミング』が重要であり、特に大切となることが投球フォームのタイミングを合わせることです。

リリース

ピッチングを行うために大切となるタイミングが

・体重移動のタイミング
・回転動作のタイミング
・リリースをするタイミング

この3つが重要となります。

 

この3つの動作のタイミングが合うことで、球速は上がりやすくなります。

 

特に!力みすぎ、力を抜くようにと言われるピッチャーは、タイミングが合わない形で投球動作を行なっている可能性が高いので、下半身の力が体幹を通じてリリースに伝達することなく、腕の力に頼ってしまいます。

 

そうなると、力んで腕を振ってしまうので、球速が上がらないばかりか、怪我のリスクを高めてしまいます。

 

こうした投げ方ですと、いくら投球制限をしていても肩、肘に負担がかかってしまいます。

故障

単純に「力を抜けばいい」そう思うかもしれませんが、バッターを目の前にしてしまうと、力を抜くことは難しいものです。

 

だからこそ!力んだ状態でも投球動作のタイミングを合わせることが大切となってくるのです。

 

さらにピッチャーは全て自分のタイミングで投げることができるので、タイミングをコントロールできるようになると『バッターを見てタイミングを外す』というテクニックも身につけることができます。

 

球速アップをするためには、ただ「開かないように」「膝が割れないように」などとフォームを見直すのではなく、

・自分の動作のタイミングはどこのタイミングがベストなのか?

・どうしたらタイミングが合う状態でボールを投げることができるのか?

こうしたことを考えていきましょう。

 

このタイミングが合うことで、力を入れるポイントを知ることができます。

 

球速アップに必要な瞬発力

球速を上げるためには、持久力より瞬発力が大切となります。

 

瞬発力が高いピッチャーや、全身をフルに使えている選手に対して、バネがあると表現もされたりしますよね。


瞬発力とはいかに速く、狙った筋肉に大きな力を発揮することができるかが重要になります。

 

その中で、球速アップに必要な瞬発力は、トップからリリースポイントまでの腕の振りや体の回転動作の際に必要となります。

 

回転動作についてですが、体の回転動作が速くなると、球速は上がりやすくなります。

 

回転動作を速くするためには、地面反力を効果的に使うことが必要となります。

 

地面反力」とは言葉のままですが 、地面に着いた時の反動の力を利用することです。

 

この力を使うことで、回転動作を速くすることが可能となります。

 

そして、この下半身の力をフルに使うために、投球動作で腕のしなり(肩関節外旋)を使うことがとても重要になります。

 

素早い回転動作に対して、腕がしなることで腕のスイングが速くなり、速いボールを投げることができます。

 

瞬発力はいろんな要素を兼ね備えられて発揮します。 

 

ちなみに、、、よくリリースの瞬間に「力を入れる」ということが言われますが、リリースの瞬間に力を入れようとすると、多くの選手がリリースの瞬間に力んでしまいます。

手首

こうなってしまうと、力を入れるタイミングがバラバラになり、球速が上がらないばかりか、コントロールも乱れてしまいます。

 

力の伝え方を習得していく上で、あなたが知っておかなければいけないのは「リリースの瞬間に力を入れる!」ということは難しいということです。

 

なぜならば、リリースの瞬間というのは一瞬の動きなので、リリースの瞬間に力を入れようとするとリリースする前の段階で力が入ってしまうからです。

 

投球のタイミングを合わせ、瞬発力を獲得していくことで、力の伝え方も習得することができるようになっていきます。

 

こうした球速を上げるために、フォーム修正とトレーニングを並行していくことで、球速が上がりやすくなっていきます。

ぜひ、ご参考にしてください。



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録