burog

あなたは

・変化球が打てない…
・どうしても泳いでしまう…
・バットに当たらない…

このような悩みを抱えていないでしょうか?

 

もし!これらに当てはまるのであればこれからお話する4つのどれかに当てはまっていないか?確認してください!

 

変化球が打てない原因として、、、

 

1.ダウンスイング
2.軸足に体重が残っている
3.前足の膝が足を付いた時に開いている
4.テイクバックが小さい

これらに当てはまると変化球に対応が難しくなってしまうものです。

 

それでは1つずつ解説させていただきますね!

 

1.ダウンスイング

ダウンスイングでは変化球を捉えることは難しくなってしまいます。

 

カーブの球筋を考えてみてください。

 

上から落ちてくるような球筋に対してダウンスイングしてしまうと、ボールとバットの接点がなくなってしまいます。

そのためポイントが『点』になってしまい確率が下がってしまいます。

さらにはジャストミートしてもなかなか強い打球を打つことは難しくなってしまいます。

 

2.軸足に体重が残っている

軸足に体重が乗ったままで回転すると、変化球に対して上半身だけで打ちにいってしまいやすくなります。

軸足に必要以上に体重が残ってしまえば、バットを出すために体が早く開きやすくなり、上半身のみで泳いだようなスイングになりやすくなってしまいます。

 

変化球が来た時こそ『体重移動』を利用し、タイミングを合わせていくことが大切となります。

 

3.前足の膝が足を付いた時に開いている

これは、右ピッチャーなら右バッターに!左ピッチャーなら左バッターに!特に言える事です。

 

アウトーコースに変化球が決まれば、簡単に打てるものではありません。

 

それが、膝が開いてしまうとボールとの距離が遠くなります。

この状態ではいくら手を伸ばしてバットを出しても届きませんよね。

 

オープンスタンスとして構えた時から足を開くのは構いませんが、いざ!ステップした時には膝が開かないように注意しましょう!

 

4.テイクバックが小さい

これはテイクバックが小さいと変化球がきたときに、腕を伸ばしていかなければいけません。

人間というのは押す力よりも引っ張る力の方が強いです。

 

そのため、テイクバックが小さいと押し出すような力の出し方になってしまいます。

 

よく脇を閉めろ!などと言われるものですが、構えからずっと閉めていく必要はありません。

 

構えからずっと脇を閉めていてはバットが届きませんのでアウトコース、変化球は打てませんよね。

 

大きくテイクバックを取っていきそこから体重移動でバットを引っ張ってくるようなイメージで打ってみてはいかがでしょうか?

 

以上4つをご紹介させて頂きましたがあなたのバッティングフォームはご紹介した4つに当てはまる項目はありましたか?

 

もちろん!他にも様々な原因があったりするものですが、まずは今回挙げた内容に当てはまっていないか一度ご確認してみてはいかがでしょうか?

 

自分を知るというのは成長する過程において一番大切なことです
自分を知らずして成長はありえません!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録