今回は中学1年生の選手で
打球が弱い…
スイングスピードが遅い…
アウトコースが打てない…
打球が飛ばない…
という悩みを抱えて
BASEBALL ONEに
お越しいただいた選手の
改善事例をご紹介します。

この選手の特徴として
・ヘッドが下がりすぎてしまう
・腰が開いてしまう
・上半身だけで打ってしまう
がありました。

力のある選手を間近で見ていると、
自分も強い打球を打ちたい!
遠くに打球を飛ばしたい!
という気持ちを抱くものです。

 

遠くに打球を飛ばす選手を見て、
”自分も同じようなスイングをしたら、
同じ打球が打つことが出来る”
と勘違いしてしまう選手が多いです。

 

決して真似をしてはいけない!
というわけではありません。

 

体が大きい、小さいに関係なく
自分に合ったスイングが
出来るようになれば、
強い打球を打つことや、
遠くに打球を飛ばすことも
可能となります。

 

今回、お越しいただいた選手に
次のような課題点を伝えました。

・軸足のタメを作る
・軸足の使い方
・押し手の使い方
・腰の開きを抑える

 

その課題点を踏まえて
下記のような練習方法を
取組んでいきました。

 

軸足に体重を乗せトップを作る為の練習方法(形作り)

バッティングのトップというのは
・強い打球を打つ
・打球を遠くに飛ばす
ために重要となります。

 

正しいトップができなければ
体がピッチャー方向に流れてしまう
頭が突っ込んでしまう
といったことに繋がります。

 

そうすると当然、
強いスイングができなくなり
ストレートはもちろんのこと
変化球への対応も難しくなります。

 

タメを作りながら、トップを作ることで
ストライクやボールの見極め
ストレートや変化球の見極め
できるようになります。

 

この練習方法の注意点は
タメを作った時に
軸足の外側に重心が
かからないようにします。

 

足の外側に重心がかかると、
スイングしていく際に
後ろの肩が下がってしまいます。

 

そうすると腰の開きや、
バットの下がりへと繋がります。

 

タメを作りながら、トップを作る際には
軸足全体で地面をつかむようにしましょう。

 

軸足を動かすための練習方法

インパクトに力を伝えるために
体重移動が必要です。

 

その体重移動を行うためにも、
軸足の使い方は必須です。

 

軸足の使い方を身につけ、
軸足にタメた力をボールに
伝えていくことが
飛距離アップに繋がります。

 

この練習では振り終わった後に、
軸足の母子球で踏ん張り、
踵が立っている状態にします。

 

軸足の使い方を覚えていくと、
体重移動やしっかりと
ボールに力の伝わる
強いスイングができます。

 

軸足を動かすだけでなく、
軸足にタメた力を
1球1球ボールに伝えていく意識を持って
取り組むことが必要となります。

 

押し手の使い方を覚える練習方法

こちらの練習では、
押し手の使い方を覚えることができます。

 

押し手の使い方を身につけることで
スイング軌道がピッチャー方向へ
出していけるようになります。

 

体が開いてしまう選手というのは、
押し手や引き手を
背中側へ抜けてしまいます。

 

あなたのお子様は引っ掛けたゴロや、
バットの先に当たり弱いフライに
なっていませんか?

 

また、アウトコースが届かなかったり、
空振りをしたりすることが
多くありませんか?

 

押し手の使い方が悪い選手は、
スイングの際に押し手の肘を
脇腹の辺りに持ってきてしまいます。

 

そうなると
手首の返しが早くなり
引っ掛けたゴロになってしまったり、
後ろの肩が下がりすぎてしまい、
弱いフライになってしまいます。

 

体の前を通していくために
押し手の肘をおへそに持ってくるように
しましょう。

 

そこから、押し手をピッチャー方向へ
出していくようにしていくと、
ピッチャー方向へスイングすることが
できます。

 

そのようなスイングができると、
今まで引っ掛けていたゴロや
弱いフライだった打球が、

どのコースに対しても、
ミート力が上がり
ライナー性の打球、
強いゴロが打てるようになります。

 

開きを抑え、前足での受け止め方を覚える為の練習方法

腰が開くなとはよく聞くものの
スイングをするためには
腰を開かなければ回転もできず、
そもそもスイング自体、できませんよね…

 

問題はどのタイミングで
腰を開いているか
ということです。

 

腰が開いているぞと指導される選手は、
インパクトの前に腰が開いてしまい
前足の膝も開いてしまいます。

 

インパクトの前に開いてしまうと、
ボールに対して力を伝えられません。

 

そうなると結果的に
空振りや引っ掛けたゴロ、
弱いフライとなってしまいます。

 

腰が開いてくるタイミングは
インパクト後になってきます。

 

インパクト後に開いてくることによって、
ボールを押し込んで打てるようになります。

 

またアウトコースのボールに対しても
強いスイングを行えるようになります。

 

ですので腰を開くタイミングが
インパクト前にならないように
注意が必要です。

 

この練習では、
インパクトまで腰の開きを抑え、
前足の膝も開かないように
受け止めていくことができます。

 

打球が弱い…
スイングスピードが遅い…
アウトコースが打てない…
打球が飛ばない…

と悩んでいた中学1年生の選手も
ご紹介した練習を取り組み
長打が出せるようになりました。

今まで
ボテボテのセカンドゴロや
ファーストのファールフライ
多かったのが
アウトコースでも
ライトまで打球が飛ぶようになりました。

 

今後はさらに確実性を高めることや
変化球に対応にも取り組んでいます。

 

毎月5名様限定 無料体験実施中!

BASEBALL ONEは
愛知県内8店舗展開し
選手のサポートを行なっています!

 

フォームを細かく分析できる動作解析
マンツーマンのパーソナルレッスン
を通して、お子様に合ったフォームや

練習方法を提案します!

 

普段の練習や試合を通して
上手くいかないことや
疑問に感じていることなどなど…

あなたやお子様が
抱えているお悩みを
私たちにお聞かせください!

 

お子様のフォームを細かく分析し
マンツーマンでサポートします!

 

現在、毎月5名様限定で
無料体験を実施中です。

 

申し込みは先着順となりますので
お早めに申し込みください!

 

▼無料体験の詳細・申し込みはこちらから▼

野球教室

 

 



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

ビービーワン通信申込みフォーム
お名前(姓)  *  例)鈴木、田中
お住いの地域  *
メールアドレス  *