burog-1024x262

 

こんにちは!

BASEBALL ONE

大崎裕司です!

 

 

 

パフォーマンスアップのためには

技術の習得や体の成長と共に

キレが出る体作り

行なっていかなければなりません。

 

 

 

・振り込み

・走り込み

・ウエイトトレーニング

 

などなど

やらなければいけないことは

たくさんありますが、

 

ただ単に

・パワーアップすればいい!

・体を大きくすればいい!

というわけではありません。

 

 

 

体を大きくする事はもちろん!

その中で瞬発力・体のキレ

という面も向上していく

必要があります。

 

 

 

投球・打撃・走塁・守備

全てにおいて

一瞬にして爆発的な力を出す

「瞬発力」

というのは必要不可欠なものです。

 

 

 

走塁でいうと、

1歩目の反応・スタート

良くする為に…

・瞬発力トレーニング

・反応トレーニング

は、欠かせない

トレーニングになってきます。

 

 

 

今回はその瞬発力を鍛える為の

トレーニングを紹介したいと思います。

 

 

 

▼早速コチラをご覧下さい▼

メルマガ

このトレーニングは

瞬発力を向上させる

為のものですが、

2人1組で行う事によって

反応トレーニング

変換することも可能となります。

 

 

 

ミニハードルを飛ぶ選手と

目の前に立って

指示を出す選手に分かれ、

ハードルとハードルとの間に

着地する寸前に指示を出す選手が

左右どちらかの手を広げ

 

飛ぶ側の選手は

指示が出た方のハードルへ

ジャンプします。

 

 

 

この動作を

素早く反応し飛ぶ事で

瞬発力・反応力を同時に

向上させる事ができます。

 

 

 

体の成長・体力アップする中で

このようなトレーニングも

是非取り入れてみてください!

 

 

こうした瞬発力を

アップさせていくことで

足も速くなっていくものです。

 

 

 

野球選手にとって

足の速さは欠かせないので

 

「足を速くしたい!!」

 

そう強く願うものですが

足を速くするための

具体的な方法を知らないまま

ただ闇雲にダッシュを

積み重ねただけでは

なかなか速くなりません。

 

 

 

そこで取り組むべきことの一つが

足の回転数をあげたり

筋力を強化するなど

トレーニングと並行して行うことです。

 

 

 

しかし

ここで間違えてはいけないのが

回転数や筋力が上がったとしても

その『スピード』に

体がついていかなければ

せっかくトレーニングをしても

足の速さには繋がりません。

 

 

 

大切なのが

『自分の体をコントロールする』

ということです。

 

 

 

よく運動会の親子リレーで

保護者の方が転んでしまう

光景を見かけませんか?

 

 

 

これは

昔の走れていた時のイメージのまま

走ってしまうことで起きるのです。

 

 

 

これは大人でも子供でも同様で

イメージと体の動きが

一致していないと

バランスをうまく取ることができずに

走ることができないのです。

 

 

 

そして

トレーニングやダッシュをしても

なかなか足が速くならない選手は

 

 

 

そもそも!

どのようにして力を入れるのか?

どのように力を発揮させるのか?

ということがわからないので

一向に足が速くならないのです。

 

 

 

こうした能力を

習得しているか?

習得していないか?

ということで

少年野球の選手では

周りの選手たちと

差が出やすいものです。

 

 

 

チームメイトの選手を

思い浮かべてみると…

 

足が速い選手は

球が速かったり

飛距離が出やすかったりしませんか?

 

 

足の速さは

野球に必要な技術を

身につけるための

能力の一つなのです。

 

 

 

そのために、、、

自分の体をコントロールすることは

簡単なイメージを持ちがちですが

なかなかできるものではありません。

 

 

 

だからこそ!!

 

『小学生のうちに

どう取り組んでいくのか?』

 

ということが大切となります。

 

 

 

小学生のうちに

こうした取り組みをしていなければ

いざ、高校生になり

走り込みやウエイトトレーニングを

本格的に取り組んでいったときに

筋力が上がってきたものの

「足が遅いまま」

という選手になってしまうのです。

 

 

 

早いうちから自分の体を

コントロールするための

トレーニングを取り組み、

足を速くするための

動き、体の使い方を

習得していく必要があります。

 

 

 

特に!

速く走るためのフォームの習得

とても重要となります。

 

 

 

走る時の腕は

前で振ったほうがいいのか?

 

それとも後ろに

振るほうがいいのか?

 

トップスピードを維持するためには

どうしたらいいのか?

 

スタートを加速させるためには

どうしたらいいのか?

 

 

 

足を速くするための

秘密はこちらでご紹介しています▼

 

 

tai