burog

 

今回は「カットボール習得」に向け、動画セミナーをあなたにお届けします。

 

カットボールの握り方

カットボールを投げる上でまず確認していただきたいことがあります。

それは「人差し指の感覚がいいのか?」「中指の感覚がいいのか?」という点です。

感覚がいい方の指で回転をかけることで鋭い変化球となります。

そして感覚がいい方の指次第で、握り方も変わります。

まずは人差し指の感覚がいい場合の握り方です。

まずストレートの握りをします。

そこから中指、人差し指を中心に寄せます。

そして、親指は中指側に寄せます。

この握りをすることで、人差し指で回転をかけることができます。

 

続いて中指の感覚がいい場合ですが、ストレートの握りから、人差し指を中指の方へ寄せます。

もしくはストレートの握りから中指、人差し指の間隔を広げます。

そして、中指で回転をかけるようにしていきます。

 

 

カットボールの投げ方

前述しましたが、カットボールでは中指で回転をかけるのか?人差し指で回転をかけるのか?がポイントとなります。

 

またカットボールを投げるコツとして「リリースする位置」がポイントとなります。

変化球を投げようとするとリリースが後ろになりやすいので、リリースする位置はストレートよりも前にするようにしましょう。

その時に注意していただきたいのが、「グローブ側の肩」です。

曲げる意識から肩が開きやすくなるので、開かないようにリリースを前にするようにしましょう!

 

カットボールを投げる練習として、指一本でボールをはなす練習をしましょう!

 

カットボールの使い方

カットボールを使う目的は内野ゴロを打たせることになります。

バッターがストレートだと思わせスイングさせることで、タイミングを外し、内野ゴロを打たせることができます。

 

カットボールは甘いボールでも構いません。

初球、甘いボールが来たとバッターが思えばスイングをしてくれます。

そのボールがカットボールであればタイミングを外し、内野ゴロで打ち取ることができます。

 

また右ピッチャーが左バッターに対してインコース低めに投げ切ることができれば、空振りを取ることもできます。

 

そんなカットボールにも注意点があります。

芯に合わせることやタイミングを合わせることが苦手な選手にカットボールはあまり有効的ではありません。

 

カットボールを投げたことによって、たまたま芯に合ってしまった、たまたまタイミングが合ってしまったということが起きてしまいます。

 

カットボールも有効的に使うことで武器になるボールです。

ぜひ、参考にしてみてください!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録