ピッチャーが打者を抑えるために必要なことは、「タイミングをずらす」ということです。

いくら速い球を投げられるようになっても、ストレートだけだとバッターはタイミングを合わせやすく、打ち取ることが難しくなります。

 

そこで、タイミングをずらすために「変化球」が思い浮かぶと思います。

変化球を入れることで、タイミングや目線のズレを作ることができ、バッターのスイングを崩すことができます。

 

その中でも今回は変化球の一つの「スライダー」についての投げるためのコツ・練習方法ついてお話しします。

スライダーは利き手側と反対の方向に曲がっていくボールです。

 

できるだけ球速を落とさず、打者の手元で曲がるとストレートとの見極めが難しくなり、打ちにくくなります。

 

スライダーの握り方

スライダーを投げるコツですが、まず握り方です。

ポイントとしては、中指がしっかりかかるように縫い目にかけることです。

 

スライダーの投げ方

投げる際に気をつけることは

① ストレートと投げるフォームが同じ
② 手で操作しない
③ 小指の向きとリリース時の中指

です。

 

いくら曲がるスライダーでもフォームが異なっていると、「スライダーを投げます!」と言っているようなものです。

いかにストレートと同じフォームの中で、曲げられるかが大事になります。

 

そして、いざリリースの時に大きく曲げようとして手首をこねたりしてしまうと
・コントロールがしにくい
・リリース直後から曲がってしまう
などのことが起こります。

ストレートのフォームで少し小指をキャッチャーに向け、リリースの最後に中指に力を加えてあげると横回転がつき、無理なく投げることができます。

「曲げる」というより「切る」意識で投げるより球速が落ちにくく、ストレートの軌道からバッターの手元付近で曲がるようになります。

スライダーの投げ方

バッターのスイングの始動で曲がり始めると、インパクトのズレを狙うことができます。

 

スライダーの練習方法

最後にキレのあるスライダーを投げるための練習方法を一つご紹介します。

この練習方法ではボールを指にかけ、回転を加え、真上に投げる練習になります。

ポイントは手首で投げるのではなく、しっかりと中指にかけることです。

▼練習動画▼

ステップ1

手のひらにボールを乗せます。

 

ステップ2

指先までボールを転がし、中指をかけます。

 

ステップ3

中指でボールに回転を与えて、ボールを上に上げます。

 

ぜひ、打者がストレートと見間違えるほどの、キレのあるスライダーを投げられるように参考にしてください。



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録