burog

 

投球する際
トップを作りにいきますが
その際に力みが入ってしまい
トップの位置がバラバラに
なっていませんか?

 

トップの位置が安定してくると
リリースポイントの安定に
繋がってきます。

 

リリースポイントを
安定して作ることができると
コントロールが確実によくなります。

 

しかし投手は
いいボールを投げたい!
バッターを抑えたい!
と思う気持ちからか

トップを作る前から力んでしまい
肝心なリリースポイントで
力が抜けることになります!

 

そこで今回、紹介する練習方法は
トップを作るにあたっての
肘・肩の使い方です!

 

手順①

image1

まず!
ペットボトルやコップに
水を入れてもらいたいと思います。

そして!
親指が下側に
小指が上側を向くように
ペットボトルを持ちます。

 

手順②

image2

そして!
肩に力を入れないようにして
肘を真上に引っ張られる感覚で
ペットボトルを上げていきます。

 

 

ペットボトルの口が
横を向かないよう
肘を肩のラインまで上げることで

ボールを握る手に
力を入れないまま
トップを作りにいくことが
できるのです。

 

※注意ポイント※

このボールを持つ手に
力が入ってしまうと…

肘よりボールが
先行してしまい
トップの姿勢を作ったときに
肩に力が入りやすくなります。

そんな中
トップからリリースにいくと
その力みが原因で、
ボールの位置が遠回りをして
リリースポイントに
いってしまうのです。

その肩・手の力みをなくすことにより
スムーズにトップからリリースへと
入っていけるのです。

 

手順③

image3

リリースのギリギリまで
肩に無駄な力を入れないために
肘が肩のラインまで上がってきたら

次はペットボトルを頭の後ろに
傾かないように持っていきます。

image4

この位置にペットボトルを
持ってくることで

ボールを持った時に
ボールが体から離れない感覚を
掴むことができます。

 

 

スムーズにトップを作ることで
打者にボールの出所を
見にくくさせることができます!

 

肘、肩への負担は少なく
リリースまでいくことができ

肝心なリリースポイントで
最大限の力を入れることが
できるのです!

 

肩・肘を故障してしまう選手は
このトップを作りにいく時に
無駄な力みから
力を入れなくていいタイミングで
力が入ってしまい
ボールが体の外側を遠回りして
投げてしまいます。

 

手首の傾きで
力の入り方も変わります!

 

ペットボトルやコップに入った水を
こぼさないように手首を使うことで
肘・肩に負担が掛かりにくくなります!

 

ピッチングで重要な
トップまでの肩肘の使い方、
力みのない投球フォームを
身につけていきましょう。

 

▼練習動画▼



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録