burog

あなたのお子様は「下半身が使えていないぞ」「手投げだ」などのアドバイスを受けたことはありませんか?

 

こうしたピッチャーの多くは回転動作が不十分になることから、下半身がフルに使えていないケースあるものです。

そもそも…物を投げようとすると、狙った物に対して正面を向き、腕だけを使ってコントロールをしようとします。

 

例えばダーツの時に、体幹を捻り、回転動作をして投げる人はいませんよね?!

肘の位置を安定させ、コントロールをしようとします。

 

ダーツはコントロール良く投げることが1番の目的です。

 

しかし、ピッチャーはコントロールとプラスしてボールのスピードも、バッターを抑えるにあたりとても大切になります。

 

それにも関わらず!人間の本能的な部分で、腕のみを使おうとしてしまってはいけません。

手投げ

腕でコントロールしようとすると、体が早く開いてしまい「手投げになっている」「下半身を使え」など指導されてしまうのです。

 

このフォームを何回も繰り返し、強く腕をスイングしていては故障の原因にもなるものです。

投球動作では前足が着地するまで、グラブ側の肩が開くことなく、体重移動で加速した力を
前足で止め、一気に回転して腕をスイングしたいものです。

 

大切なのは前足で回転動作をすること!

手投げ、下半身が使えていない!と言われるピッチャーの多くは体重移動時、前足が着地する前に肩が開き、回転動作を開始しています。

体の開き

前足が着地し、回転をすることを覚えなければ、なかなかこういったフォームから脱却することは難しいでしょう。

 

そのためにまずは前足で回転すること覚えていきましょう!

 

練習方法ご紹介!!

こちらの練習は前足だけで立ち投げる練習です!

 

まずは練習動画をご覧ください!

▼練習動画はこちら▼

手順1

ステップ足で立ち、グラブ側の肩を投球方向に向ける。

 

手順2

ピッチャー 練習

肩の入れ替えを行うように、体幹を捻り戻し、ボールを投げる。

 

このようにグラブ側の肩を投球方向へ向け体幹を捻り、ボールを投げます。

 

この時、早く開いてしまえば、強く腕をスイングした時に腕のスイングに負け、フィニッシュでふらついてしまいます。

 

しっかり前足に乗った状態で、力が入る時に回転動作を行い、ボールを離してください。

 

悪い例でも行いましたが、腕のみでボールを投げることなく練習してみてください!

「手投げだ」「下半身が使えていない」そう言われる原因は他にも様々な要素があります。

 

しっかり自分がどのような状態か把握してくださいね!!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録