内野手が送球の球速を上げる肩と肘のトレーニング |
名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

MENU

最新野球ブログ記事

内野手が送球の球速を上げる肩と肘のトレーニング

burog

 

「送球に自信がない…」

そんな内野手のあなたに
送球の球速を上げるための
オススメのトレーニング方法
ご紹介していきたいと思います。

 

そもそも…

・内野手が球速を上げる必要があるのか?
・安定した送球ができれば
   それでいいのではないのか?
そう思われている方もいるかもしれません。

 

しかし!
球速は速いに越したことはありません!

 

もちろん!
球速ばかりに意識がいき、
捕球から送球までのスピードが
遅くなってしまっては
全く意味ありません。

 

捕球から送球へスピードは変わらず、
球速を上げることができれば
とてもメリットがあります。

 

ゴロを捕球して送球をし、
ファーストに到達するまでの時間を
短縮することだけが
球速を上げるメリットでは
ありません。

 

例えばカットプレー。

 

バックホーム時には
いくら
ストライク返球をしても、
速い球を返さないと
1点を失ってしまうかもしれません!

 

そういった時のためにも
速い球を投げられるように
していかなければいけないのです。

 

球速を上げるためには
肩・肘の強さもある程度、
必要になってきます。

 

では、強さとは一体何なのか?

 

よく球が速い選手というのは

『肩が強い!』
『地肩が違う!』

などと言われたりしますが、
正確に言うと肩に強いも
弱いもありません。

 

肩や肘で個人差が出るのは
肩が回る範囲や肘の回る範囲、
つまり可動域です!

 

一般的に肩が強いと言われる選手は
肩が強いというよりも、
この可動域が広かったり、
周りの筋肉が強いということが
「肩が強い」と言われる要因となっています。

 

可動域が狭いのに
筋肉ばかりつけてしまっても、
筋肉に頼ってしまい
腱が支えられず、
怪我につながってしまったり…

 

逆に可動域だけ広くしすぎて、
周りの筋肉が弱すぎると
これもまた怪我につながってしまいます。

 

ですので、

球速を上げるためには
この可動域と腕周りの筋量と
バランスが非常に大切になります。

 

もちろん!
球速が出ない選手は
技術的にも肘が下がっていたり
下半身が使えていなかったりなど
原因が考えられます。

 

ではどうすれば!?
肩が強い!と言われるようになるのか?

 

ポイントは、

先ほどもお伝えした
肩周りの筋肉と
可動域の広さのバランスです!

 

両方をバランスよく鍛えるための
トレーニング方法をご紹介します。

 

まず用意していただきたいのが
下記画像のようなチューブです。

画像1

このチューブを使って、
可動域と周りの筋力を強くしていきます。

 

最初のうちは軽い負荷で結構ですが、
ある程度、続けていけるようになれば、

負荷を上げていくことをオススメします。

 

今回ご紹介するトレーニングは以下の4つ!

 

1.肩甲骨の可動域を広げる

1.チューブを前に両手で持つ。

2.手を背中側に回してくる。

肩甲骨の可動域が狭い選手は
手を背中側まで回してくる際に、
手を広げてしまいます。

最初は手を広げたままで構いませんので、
慣れてきたら両手の距離を
狭くして行なってみましょう。

 

2.上腕三頭筋の強化

1.膝立ちで座り、膝でチューブを押さえる

2.肘を反対の手で支える

3.肘が動かないように、チューブを引っ張る

腕の伸ばす時に上腕三頭筋を使います。

その上腕三頭筋の
トレーニングを行うことで、
球速アップに繋がります

 

3.広背筋の強化

1.チューブの中心を棒を当て、チューブの端を両手で持つ

2.背中側に引くように、チューブを引っ張る

球速アップにおいて、広背筋もポイントとなります。

 

4.リストの強化

1.足でチューブを押さえる

2.反対の手でチューブを持っている方の手首を支える

3.チューブを上に引っ張る

手のひらを下、
手のひらを上の両方をやることで、
前腕の強化に繋がっていきます。

 

このようなトレーニングを行うことで
肩周りの筋肉と
可動域を広げる効果があるので
それが肩の強さに繋がっていき
球速を上げることに繋がります。

 

なぜチューブを使うのか?
というとやはり伸び縮みすることで無理なく
可動域を広げられるため
怪我のリスクを抑えてくれるからです。

 

ぜひ球速をあげていくために
このようなトレーニングを
自宅やチーム練習で
取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

最後にトレーニングを
行う上での
注意点を
お伝えいたします。

 

これはバッティングにおいても言えることですが
常に実際投げる動作や
バッティングをする動作に
どう繋げていくのか?というのを考えながら
トレーニングを行っていくように心がけましょう!

 

そうすることで
トレーニングの効果も倍増していきます!

ぜひご参考にしてみてくださいね!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

関連記事

店舗所在地情報 名古屋フィールド 豊川フィールド碧南フィールド一宮ベースボールジム岡崎フィールド小牧バッティングスクール半田バッティングスクールビーワン鍼灸治療院

動作解析投球解析打撃解析オンライン解析チーム出張解析県外プラン個人指導ピッチングプランバッティングプラン内野手プランキャッチャープラン

グループトレーニングバッティングスクールピッチングトレーニング体幹・股関節トレーニング走力アップトレーニングビーワン!KIDS

施設利用野球専用ジムトレーニングルーム室内練習場貸出spオンラインセミナー教材オンライン解析カード

ビービーワン!通信 facebook Youtube Instagram LINE   LINE
ドラゴンズアカデミー   ドラゴンズカップ   求人情報
メールマガジン
現在、2554記事中0記事既読!
無料ガチャSTART!
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.