burog-1024x262

『インナーマッスルのトレーニング』は投手、野手問わず取り組んでいるトレーニングだと思います!

『インナーマッスルのトレーニング』は野球選手にとってとても大切なトレーニングです!

 

しかしあなたが行っているトレーニングは本当に効果的なトレーニングになっていますか?

間違った方法で行っていると効果を得ることはできませんし、逆にケガへと繋がってしまいます。

 

今回はインナーマッスルをトレーニングする意味と目的を解説していきます!

インナーマッスルとは?

インナーマッスルは肩の一番深いところにある筋肉のことです。

 

一般的には…

・棘上筋

・棘下筋

・小円筋

・肩甲下筋

という4つの筋肉のことを指します。

 

肩の関節は様々な方向に動かすことができる、とても可動域の広い関節です。

可動域が広いということは「それだけ不安定な関節でもある」と言えます。

 

肩の関節の構造はボールがティーの上に載っている状態とよく例えられます。

ボールを乗せているティーの受け皿の面積は小さいです。

受け皿の面積が小さいと上に乗っているボールは落ちやすいです。

このボールを落ちにくくしているのが、インナーマッスルであり、関節を安定させるためには欠かせません。

 

肩の関節が大きな動きをし、インナーマッスルで安定させることによって力を発揮できます。

このインナーマッスルは他の部位の筋肉と異なり、大きな動きをしません。

 

ですので『インナーマッスルのトレーニング』地味なメニューが多いのです。

 

インナーマッスルのトレーニングをする時は、小さな動きの中でどうすれば、力を発揮しやすいポジションを作ることができるのか?ということを意識して取り組んでいきましょう!

 

インナーマッスルのトレーニング

インナーマッスルのトレーニングを効果的に行うために!まずは肩の関節を安定させた位置を作りましょう!

先ほど肩関節は“ボールがティーの上に乗っている状態”とお伝えしましたがボールを置く位置が少しでもズレてしまえば、ティーから落ちてしまいます。

一方、ティーの上にボールが乗っていれば安定した動きをすることは可能です。

 

インナーマッスルのトレーニングに置き換えてみると、猫背になり姿勢の悪い状態で行うと関節の位置が悪いため効果を得ることができません。

 

猫背の状態でトレーニングをすると、無理な動きをしてしまい、関節の位置をさらに悪くしてしまうためケガに繋がる可能性も出てきます。

トレーニングを行うときは良い姿勢(肩の関節が安定した位置)を作ることで、トレーニング効果を得ることができます!

 

トレーニングを行うときに意識していただきたいポイントがもう1つあります!

それは投げる動きを意識した形実施するということです。

 

トレーニングを行う目的は投球動作の中でインナーマッスルを使えるようにすることです!

 

どのように行うのか?

例えば!うつ伏せの状態でダンベルを持ち、

ダンベルを持ち上げていく動きがあります。

体を起こして行うと、投球動作の動きに近い形でトレーニングを実施できます。

 

 

インナーマッスルのトレーニングも他のトレーニングと同様に姿勢や形、意識するポイントを理解していなければ効果を得られません。

 

より効果的なトレーニングを行うためにもぜひ意識して取り組んでみてくださいね!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録