「打球を強くする=筋力」と考え筋力をつけるために!
マスコットバット振り込んだりする選手も多いと思います。

 

また普段の練習においても

スクリーンショット 2017-03-11 15.18.20

このようにバットを重くする道具を使ったり、マスコットバットで素振りやティー打撃に取り組む選手も多いと思います。

 

しかし、マスコットバットを使って練習メニューに取り組むことで本当に筋力は上がるのでしょうか?

 

結論からいうと実際に筋力がアップしているかというとそこまで大きく筋力はアップしません。

 

マスコットバットを振った後に普段振っているバットが「軽く感じる」という経験をしたことがあなたはありますでしょうか?

 

実は筋力がついて実際にスイングが速くなっているというわけではありません。

むしろスイングスピードは遅くなってしまうこともあるのです。

 

速くなったというのは自分の中だけの感覚なのです。

 

スイングスピードやヘッドスピードというものを速くしていくためには速く動かす筋肉働いてくれなければいけません。

 

しかしながらマスコットバットは普通のバットよりも重いバットなので、速く動かす筋肉を使えているかというと、そういう訳ではありません。

 

そのためマスコットバットだけで、筋力が上がり、パフォーマンスアップにつながるということにはならないのです。

 

ではマスコットバットにはパフォーマンスアップの効果がないのでしょうか?

 

もちろんマスコットバットも効果的に使うことができます!

 

それは体幹を使うということです。

 

軽いバットであれば、手先の力だけでもスイングすることはできますが、重いバットとなると体幹や下半身が安定していなければ、まともに振ることすらできないのです。

 

だからこそ重たいバットであるマスコットバットが役に立つのです。

 

また重さを使って全身でのスイングを行うなど、様々な方法でマスコットバットは使うことができます。

 

つまりマスコットバットのような重たいバットは筋力をつけるための練習ではなく体を効率よく使う感覚を養うのを目的として使うのです。

 

ですのでマスコットバットを振る際は
・どのようにしたらマスコットバットを軽くスイングすることができるのか
・どうしたら重たいバットでもスイングスピードを上げることができるのか
ということを意識して練習していくようにしましょう!

 

マスコットバットを使った練習方法

マスコットバットを使った練習方法をご紹介します!

▼練習動画はこちらから▼

ステップ①

ステップ足を踏み出した姿勢で構える。

その時に軸足にはしっかりとタメを作る。

 

ステップ②

インパクトまでのスイング動作をゆっくり行う。

その時にバットのヘッドがどこを通っているか意識をしながら行う。

 

ステップ③

ステップ②のスイング軌道通りにステップ①の姿勢まで戻る。

 

ステップ④

インパクトまでの動きを2回行い、3回目はボールを打つ。

 

この練習では手先だけでバットを動かすのではなく、下半身を使ってインパクトまでゆっくりバットを出していきましょう。

 

下半身を使うことで、体全身でバットを支えることができるので、ヘッドが下がってしまうこともありません。

 

腕だけが疲れてしまうと手先だけでバットを出していることになります!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録