ロゴ

あなたは
盗塁阻止率という言葉を
ご存知でしょうか?

 

盗塁阻止率とは
キャッチャーが盗塁を試みた走者を
自らの送球によって
阻止(アウトに)した確率のこと
を言います。

 

例えば
10回の盗塁を走者が試みて
10回ともキャッチャーが阻止出来れば
阻止率は10割となります。

 

つまりデータ上100%の確率で
盗塁を阻止できるキャッチャーということです。

 

もちろん毎回阻止することは
素晴らしいことですし
そう簡単に出来るものでもありません。

 

相手に盗塁のスタートを切られても
阻止するに越したことはありません…

 

ですが
「阻止した」
「阻止出来なかった」
というところよりも
目を向けていきたい部分があります。

 

それが・・・
「盗塁企画数」です。

 

考えていただきたいのが
そもそも相手がなぜ10回もの
盗塁をしてきたのか?

 

結果的に100%の確率で
阻止出来たのは事実ですが

この先20回、30回と
盗塁企画数が増えるということは
それは何かを盗まれている可能性があります。

 

1つ先の塁を奪われるだけでなく
自らのクセも盗まれているということです。
スクリーンショット 2017-05-15 14.52.55

一概に盗塁阻止率は
キャッチャーだけの数字ではありません。

 

・ピッチャーのクイックモーション
・変化球
・フォームの癖

こういった要素を踏まえた上で
相手が作戦として
盗塁を試みてきているのです。

 

相手は盗塁成功の可能性を感じて
スタートを切っているわけです!

 

アウトになりたいと思って
走者が盗塁を試みることは
ないですよね。

 

そう考えると
どこかしらに盗塁を試みられる要素が
隠されているということです!

 

その要素をキャッチャーが導き出し
ピッチャーに伝えていくことで
盗塁のスタートを切らせない対策も
立てることができます!

 

阻止も重要ではありますがその前に
「盗塁のスタートを切らせない」
ということが大切になるのです。

 

相手として
盗塁という作戦ができないので
それだけプレッシャーになります。

 

バッテリーとしても
0回の企画数であれば
打者との勝負に
集中することもできます!

 

ですので
たとえランナーを出しても
優位に試合を進めることができるのです!

 

盗塁阻止率ではなく
盗塁企画数に目を向けてみては
いかがでしょうか?

 

キャッチャー必見!!

キャッチャープログラムでは
キャッチャーに必要なポイントを紹介しています!

 

構え方やキャッチング、
ステップ、スローイングの行い方まで
解説しています!

 

勝敗を大きく分けるのも
扇の要となるキャッチャーです!

 

キャッチャーとしての能力を上げるためにも
キャッチャープログラムをご活用してみてください!

 

▼キャッチャープログラムはこちらから!▼