これまでキャッチングにおける知識や技術をブログで数々、ご紹介してきました。

少しでも!レベルアップに繋がるキッカケになればと思います。

<キャッチャー ブログ一覧を見る>

 

そんな中で今回はキャッチングを行う上で必須の道具となる「キャッチャーミット」に関するお話です。

キャッチャーにとってキャッチャーミットとは「商売道具」

選手としての自分自身を売るためにも、商売道具となるキャッチャーミットは欠かせません。

 

「少しでも良いプレーをしたい」

そのために!ミットの手入れに時間を掛けるのです

 

そんなミットの手入れですがどのように手入れをされていますか?

 

オイル等を利用して手入れすることが多いかと思いますが…

そこに!もう1つ手を加えてあげることでミットが良い状態になります。

 

その、もう一つとは…「冷やす」事です!

特に夏の季節になるとミットの皮が柔らかくなりやすく皮の張りを失ってしまいます。

 

皮の張りが失われるとなかなかキャッチングの際の「パーンッ!!」という音が出にくくなります!

 

そうするとピッチャーも「あれ今日ボールがいってないのかな?」そう思わせてしまい、ピッチャーの調子を崩させてしまう原因ともなります。

 

さらにキャッチャーはギリギリのプレーも求められてきます。

 

キャッチャーフライやクロスプレーのように球際を強くする必要があります!

 

そこで皮の張りを与えてあげることで球際の強くなり、キャッチングの音響き渡る音を出すことができます!

 

使えば使うほどミットも柔らかくなりやすく、使いやすさが生まれる中で皮の張りを失ってしまっては悪影響ともなってしまうのです!

 

オイル等での手入れに加えてちょっとした工夫で、ミットを良い状態に保つことも可能なのです。

 

技術練習に加えて、道具の手入れを行う中で「冷やす」というワンポイントを付け加えて、ミットを扱ってみてはいかがでしょうか。

 

キャッチャーはピッチャーの変化やバッターの変化に目を配り、気づいていかなければなりません。

 

まず!自分の使っている道具の変化に気づくことができなければ、人の変化に気づくことなどできません!

 

まずは自分の道具に気を配ることから行い、試合で気配りができる選手になってくださいね!

 

キャッチャー ブログ一覧

・キャッチャーの構え方

・ミットを動かさずにキャッチングするコツ

・セカンド送球を速くするための練習方法

・盗塁阻止率ではなく、盗塁企画数が大切?

・股関節が硬いキャッチャーが行いたい股関節のストレッチ



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録