冬になると心配されるのが体調管理。
あなたはしっかりと体調管理できていますでしょうか?

体調を崩したままプレーをしてしまえば、ケガのリスクも高めてしまいます。
日々の体調管理からしっかりと取り組んでいきましょう!

 

さて今回は冬の時期におけるウォーミングアップのポイントについて紹介していきます!

ウォーミングアップをおろそかにしてしまえば、大きなケガにつながってしまうことがあります。

 

冬場にはトレーニングが多く行われますが、このトレーニングにより筋力的にはもちろんですが精神的な部分のレベルアップをしていくことができるのです。

 

選手それぞれでレベルアップの度合いも違いますが、中には球速が一気に10キロも上がる選手もいます。

 

また冬場は試合も少ない時期でもあるので動きを確認できたり自分を振り返ることができる大切な時期でもあるのです。

 

こんなに大切な時期にケガをしてしまってとても勿体無いですし、レベルアップのスピードを上げていくことができなくなってしまうのです。

 

ケガをしないための取り組みの一つとしてウォーミングアップあげられるのです。

まずウォーミングアップにはどのような目的があるのかを知っておく必要があります。

 

ウォーミングアップには
・パフォーマンスの向上
・ケガの予防
・体温(筋温)の上昇
というような目的があります。

 

これは大きな目的であり細かくすると
・関節や筋肉の可動域を広げる
・神経伝達速度を高める
・心理的に集中力を高める
など様々な目的があるのです。

 

これらの目的を達成していくことでケガのリスクを低下できるのです。

ウォーミングアップ

しかしただ単にメニューをこなしていてもケガのリスクを低くしていくことはできません。

ウォーミングアップを行う中でケガのリスクを低くしていくためには『自分の体を感じる』ということがとても大切なのです!

 

ウォーミングアップのメニューは同じでも一人ひとり、関節の柔軟性や動きは違います。

また疲労が溜まっていけば動きも悪くなってしまいいつもの動きができなくなってしまうのです。

 

その中でいつも通りのプレーをしようとしても、体には負担となってしまいケガのリスクを高めてしまうのです。

 

だからこそウォーミングアップを行なっていく中で自分の体を感じ、今日はどの部位が動かしにくいのか?を把握していくことで、少し動きを改善するためのストレッチを行ったりエクササイズを行っていくことで、さらに動きの改善に繋がっていくのです。

ストレッチ

そして自分の体を感じるということがケガの予防につながっていくのです。

 

ウォーミングアップの際には『自分の体を感じる』ということを意識して取り組んでみてください!

 

肩肘のケガを予防するとともに可動域を広げていくことで、パフォーマンスに大きな影響を与えてくれます!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録