こんにちは!

BASEBALL ONE
好永貴雄です。

 

投手であれば
球速を上げたい!
と思いますよね?

 

僕もその一人でした。

ただ、どうしたら
速いボールを投げられるのか
当時は全く分かりませんでした。

スピードが出ず
高校入学当初は
120キロも出ませんでした。

どんなトレーニングをしたらいいのか
どんな投げ方をしたらいいのか

しかし!
練習していくうちに…

どのようにしたら
ストレートを活かすことができるのか
と考えるようになりました!

 

ストレートを
“速く
見せる”ことができれば
120キロでも三振が取れる!!

 

そのために2つのことを
習得しようと取り組みました。

 

今回はその
ストレートを速く見せるためのポイント
をご紹介します!

 

1.緩急をつける

まず1つ目は
緩急をつけて
ストレートを
速く見せる
ということです。

 

ストレートが120キロで
カーブが90キロであれば
30キロのスピード差を
生むことができます!!

 

90キロのボールを見せた後に
120キロのボールを投げると
打者はタイミングを取りづらく
振り遅れてしまうことがあります。

 

しかし、
遅いボールを投げるからといって
腕の振りも遅いと
バッターに投げる前から
わかってしまいます。

 

いかに
速いボールでも遅いボールでも
同じ腕の振りができるか
がポイントになります。

 

2.出所を分かりづらくする

2つ目は
球の出所を分かりづらい
フォームにすることです。

 

スピードが出なかったので
『バッターから見づらいフォーム』
という点を1番に置いて取り組んでいました。

 

どのようにしたら
バッターから見にくくなるのか・・・

 

まずはテイクバック。

トップを作るまでの動きを
鏡を見て何度も確認しました。

 

体のラインに腕が隠れているか
をチェックしながら
テイクバックを行っていました。

トップからリリースに入っていく時は
頭の後ろにボールを隠して
体を回転させるようにしました。

いきなりボールが
出てくるようにすれば
打者はタイミングが取りづらく
120キロでも速く感じる
と信じ

ボールの位置を
確認できないフォーム
を覚えました。

 

それからはストレートで
勝負ができるようになりました。

ストレートが
ズバ抜けて速くなくても
ストレートを速く見せることはできます!

 

ストレートを速く見せるために
もちろん!努力が必要です!

 

もしあなたが
・エースになりたい!
・試合に勝てるピッチャーになりたい!
という気持ちがあれば問題ありません!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録