こんにちは!

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

小学生のピッチャーの選手に対して

「下半身を使って投げるように」

そうアドバイスしても
選手本人の意識で
下半身を使ったフォームで
投げることはなかなか難しいものです。

 

それにも関わらず
前足の膝が割れてしまえば

「下半身が弱い!」

試合後半、抜け球が多くなれば

「下半身が弱い!」

バランスが悪くふらついてしまえば

「下半身が弱い!」

などと

「下半身が弱い!」

「下半身を鍛えろ!

そう言えば
全てが正解のような言葉として
使われてしまっています。

 

しかし
どうしたら使えるようになるのか?

どのような動きが
下半身を使っている状態なのか?

こうしたことを明確にしたなかで
練習を取り組んでいかなければ

いつまでたっても下半身を使った
投球フォームを獲得することはできません。

 

そして!
多くの選手が勘違いすることですが

下半身を使う=きついもの

そう認識してしまいます。

 

もちろん!
普段使っていない筋肉を
使うことができるようになれば
最初のうちはきつく
感じることはあります。

 

しかしただ闇雲に
ただ「きつさ」だけを
追い求めてしまえば

 

逆に本来持っているパワーを
大きくロスしてしまう
可能性があります。

 

下半身を使う意識から
他のフェーズを見て
改善していくことで
下半身を使った投球フォームを
獲得することができるようになる
ケースはよくあるのです。

こちらの選手をご覧下さい↓

どうしても
上半身の力に頼っていた為
軸足に体重を乗せることができないまま
体重移動を開始していました。

その結果、前足での
ブレーキも弱くなってしまい
腕のしなりを作り出すことも
できませんでした。

 

しかし軸足の体重の乗せ方を
変えたところ加速させた勢いのまま
回転動作を行うことができているので
自然と胸が張れた状態で
投げることができるようになりました。

 

下半身を使って投げるフォームを
獲得させていくためには

『下半身を使う』意識から

投球動作全体のバランスである

・足を上げた時のバランス
・軸足に体重を乗せた時のバランス
・体重移動のバランス
・前足を着地した時のバランス
・回転動作時のバランス
・リリース時のバランス
・フィニッシュのバランス

そして
投球動作のタイミングである

・足をあげるタイミング
・軸足に乗せるタイミング
・体重移動を行うタイミング
・肘をあげるタイミング
・トップを作るタイミング
・前足が着地するタイミング
・回転するタイミング
・腕を出すタイミング
・リリースのタイミング

などを見直し
その選手に合わせた練習方法(ドリル)を
取り組んでいくことで

 

下半身を使った
投球フォームを獲得することが
できるようになっていきますよ!

 

ぜひ、ご参考にして下さい!