先日ブログにてご紹介した
球速を上げるためのトレーニングは
ご覧いただけましたか?

 

もしまだ読まれていない場合は
こちらから是非ご覧ください。

【球速を上げるための4つのオススメトレーニング】

 

球速を上げるには
・力の発揮をどう行うか?
・動きを作るための体の柔軟性
がポイントとなります。

 

トレーニングによって
力の発揮が上手くなったとしても
“動きを作ることができなければ”
意味がありません。

 

動きを作るためには
柔軟性が必要となります!

”柔軟性が低い”選手は
可動域が狭いので
大きな動きをしてしまったり
無駄な力がかかってしまったりします。

 

無駄な力が入ると…
・力を発揮しにくくなる
・動きに制限がかかる
といった事態に繋がってしまいます。

イメージしていただきたいのが…

木の棒のような硬い素材
プラスチック棒のような柔らかい素材。

 

その2つを振った場合
木であればそれほどしなることがないため
腕と棒のスピードは変わりません。

 

しかし、プラスチックのような
少し柔らかいものであれば
しなりが生まれます!

棒がしなり、元に戻る時に
大きな力が生まれるため
スピードが加速します!

 

このように柔らかいと
少ない力で大きな力を発揮しやすいのです!

柔軟性を獲得できると
しなりを上手く使うことができ
球速アップに繋がります!

 

だからこそ!
球速アップのためにも
柔軟性が必要となるのです。

 

しかし!
人間の腕は1本の棒で構成されているのではなく
“関節”もあります。

 

その関節を使って
しなりを作り出すことが必要となります!

 

関節のどこかで
柔軟性が低下してしまうと…

しなりを作り出すことが
できなくなってしまうのです。

 

最後に!
ピッチャーの選手が
硬くなりやすい部位や
投球動作で大切な部位
ストレッチを紹介します!

 

①体幹と股関節のストレッチ

股関節の前側、体幹側面の動きを
改善していくストレッチです。

 

②胸のストレッチ

胸の張りを改善していく
ストレッチです。

 

③股関節と胸郭のストレッチ

しなりを作るためには
股関節と胸郭の動きが重要となります。

 

④胸郭のストレッチ

胸郭の可動域を広げていくための
ストレッチです。

 

ぜひ!
今回のストレッチに取り組んでいただき
球速アップを目指してください!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録