ピッチャーであれば一度は『球速を上げたい』

こんな思いを抱いたことがあるかと思います。

 

逆に思わない人はいないと思います。

ピッチング

やはり球速というのは人の目を引くものであり、注目される要素になっていきます。

 

ほとんどの人が、球速というものに対して意識をしていることでしょう。

 

そこで今回は球速を上げるためにオススメのトレーニング紹介します。

 

球速を上げるために!

あなたが球速アップのために取り組んでいることはありますか?

 

ピッチャーのトレーニングとして、走ることであったり、ウエイトトレーニングなど様々なトレーニングを行います。

ダッシュ

今まではピッチャーであれば走ることで、体力をつけるというような考え方が多くありました。

 

もちろん走るというトレーニングでも、様々な要素を獲得することができます。

 

しかしピッチャーとしては、これだけではいけません。

 

ピッチャーに必要な要素としては、瞬発的な要素や動きの連動、動作の獲得など様々な要素が必要となります。

 

だからこそ、ピッチャーのトレーニングとしてはこれを行えば良いというわけではなく、様々なトレーニングを組み合わせていくことで、パフォーマンスとしての球速アップやコントロールに繋がっていくのです。

 

今回は球速につながるトレーニングとしてメニューを4つ紹介します。

 

今回紹介する4つのトレーニングは、全て瞬発系につながるトレーニングとなります。

 

瞬発的な力の発揮を可能にしていくことによって、体を動かす感覚を変ることが可能になっていくのです。

 

トレーニング①

1つ目はこちらです。

このトレーニングでは、肩甲骨から手に力を瞬発的に、伝えていくことが可能となっていきます。

 

ボールに力を伝えるためには、肩甲骨がしっかりと安定した状態が必要となっていくのです。

 

手順1

肩甲骨 トレーニング

両肘を地面に着け、肩甲骨を内側に寄せます。

 

手順2

肩甲骨 トレーニング

肩甲骨で地面を押し出し、腕立ての姿勢にします。

 

トレーニング②

2つ目はこちらです。

このトレーニングはスクワット姿勢からジャンプしていきます。

 

投球動作において、下半身からの力の発揮がとても重要です。

 

地面をしっかりと押し込み、下半身の力を発揮していくことが可能になります。

 

手順1

スクワット

膝を曲げ、スクワットの姿勢を作ります。

この時に膝がつま先より前に出ないようにしましょう。

また手は頭の後ろで組むようにしましょう。

 

手順2

ジャンプ

地面を押し出し、高くジャンプします。

 

 

トレーニング③

3つ目はこちらです。

先ほどの2つ目のトレーニングを、片足で行うトレーニングになります。

 

投球動作の中で、軸足からステップ足に力を伝えていくときに、片足での力の発揮が必要となります。

 

そしてステップ足においても、最終的に片足での体重を受ける動作が必要となります。

 

軸足、ステップ足、両方を行なっていくことで、それぞれの力を発揮することも可能となります。

 

手順1

ピッチャー トレーニング

片足で立ち、浮かせている足は後方に伸ばします。

 

手順2

地面を押し出し、高くジャンプします。

 

トレーニング④

4つ目はこちらです。

このトレーニングでは、起き上がるだけのトレーニングですが、タイミングと体幹を使うことができます。

 

うまく体をコントロールできないと、起き上がることができません。

 

簡単にできるという選手は、片足で立つように行ってみましょう。

 

手順1

ピッチャー トレーニング

足を後方に回します。

 

手順2

ピッチャー トレーニング

足を戻していき、両足で立ち上がります。

 

今回紹介したトレーニングは、瞬発的なトレーニングとなります。

 

球速アップのためには瞬発力が必要となります!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録