こんにちは

BASEBALL ONE
亀浦 俊一です。

 

11月に入り気温も
下がってきました。

試合も減ってきて
体幹やランニングの
メニューも増えてくる頃
ではないでしょうか?

 

この冬の練習は
基礎練習や反復練習
体幹、ランニング
と聞くだけでも
ゾッとしますよね?

 

出来ることなら
冬の練習はしたくないのが
本音だと思います。

 

アメリカのクラブであれば
ウィンタースポーツと
サマースポーツとで
時期によってクラブを
変える事ができるので
日本で言う
『冬練』
をしなくても良いわけです。

 

実際にアメリカでは
野球のドラフトと
アメリカンフットボールのドラフト
両方にかかる選手もいます。

 

日本では
少し考えられない
ことだと思います。

 

話を戻しまして
今回のテーマは

『キツイ練習』

についてです。

 

私がこれまで経験した
キツイ練習について
お話ししていきたいと思います。

 

社会人野球では
2大大会と言われ
夏の『都市対抗野球大会』
秋の『日本選手権大会』
と2つの大きな大会があります。

 

現在、京セラドームで
日本選手権大会が
行われていますが

この2大大会の中でも
『都市対抗野球大会』は別物で
この大会出るためだけに
1年間練習をしている
と言っても大げさではありません!

 

この大会の予選に合わせて
各チーム予定を組み、
練習の強度を上げたり
下げたりしながら
調整していくわけです。

 

その社会人の練習の中で
『強化練習』と言う
今まで経験したことがないような
量の練習があります。

 

その内容は…

 

続きはこちら>>>

 

スクリーンショット 2017-05-16 14.40.55