こんにちは。

BASEBALL ONE
吉田真人です。

 

練習や試合など
プレーを行なっている中で
「何が原因であったのか?」

というように
出来事に対してしっかりと
詰めていく事が重要です。

 

今回は、キャッチングにおける
ミットが垂れてしまう原因
お伝えしていきたいと思います。

 

キャッチングの際
「ミットが垂れてしまう」
と悩む選手も少なくありません。

 

「なぜ、ミットが垂れるのか」
「どうなっているのか」
その原因をここから
お伝えしていきます。

 

キャッチングは
ボールを捕球する際の動作で

つまり、、、
「ボールを捕る」
という事になります。

 

そのボールを捕る意識が
捕りにいく形になりやすく
キャッチングさせる上で
ミットが垂れてしまう
原因となるのです。

 

では、なぜなのか・・・

捕りにいく動きが
ミットを持つ腕を伸ばしてしまい
顔、体との距離が遠くなり
腕が伸びることでミットの操作が
鈍くなってしまうからなのです。

 

いかに捕球時に
ミットを支えることが
可能となる腕の角度を
保つことが出来るかが
ポイントなのです。

 

ではその腕の角度を
保つための練習方法とは何か?

 

ここからは動画で解説していきます↓↓↓

 

 

キャッチャーセミナー