こんにちは。

BASEBALL ONE
上之薗 北都です。

 

今回は、
リリース時に肘が下がる原因と
その改善方法について
お伝えしていきます。

 

肘が下がると言うと
トップ時に肘が上がってこず
肩のラインより下がっていることを
言うことが多いと思いますが

今回はリリース時に肘が
下がる、抜けるという状態に
ついてお話しします。

 

まず、こちらの比較写真をご覧ください。

左の画像が
肘がしっかり上がっている状態のもの

右が
肘が抜けているものです。

 

このリリース時に肘が下がることで
ボールに力が伝えられず
弱いボールしか投げられなかったり
肘への負担が大きくなり
故障のリスクが高まったりしてしまいます。

 

この状態は
「肘を上げる」
「肘から出せ」
「前でリリースしろ」
とよく言われる選手に
多く見受けられます。

 

リリース時というのは
肩から肘、ボールがなるべく
一直線に近い状態で
リリースしていくことで
ボールに力が伝わりやすくなります。

 

いわゆるパワーポジション
言われるものです。

 

ですが、肘が下がってしまうことで
このラインというのが
ズレてしまうため、
押し出すようにリリースするため
力の発揮が難しくなります。

このリリース時の肘下がりを
改善していくための
練習方法について
ご紹介していきます。

 

その前にまずこの練習方法で
気をつけていただきたい点ですが

リリース時というのは
動作のスピードが
1番上がっているときのため
意識しすぎて動作が
止まるようにはならないように
取り組んでいただきたいです。

 

まず、片膝立ちの姿勢で座ります。
右投げであれば左足
左投げであれば右足の膝をついて
座ってください。

実際に投げる際と
逆の足を前に出していると思います。

 

この状態から
投げていくのですが、
上半身をひねって
グローブ側の肩を向けてから
そのねじりを戻しながら
投げていってください。

こうしていくことで、
ねじりの回転の中で
腕のスイングができるため
肘が下がることがなく
投球していくことができます。

 

この感覚を掴んでいくことで
実際の投球フォームにおいても
リリース時に肘が下がることが
なくなっていきます。

 

さきほど紹介した練習方法を
動画でもご紹介しているので
ぜひご覧ください。