ピッチャーにとって
球速を上げるために!

そして

コントロールの精度を
上げるために!

 

『リリース』
とても大切な
ポイントの一つですが

このリリースで、、、
・リリースに力が入らない
・思うようにボールに力が伝わらない
などと悩む選手が
いたりするものです。

 

そもそも!!
このリリースですが、、、

力を入れようとすると
パフォーマンスが
下がってしまう原因の一つに
なることがあるのです。

 

その理由として
リリースに力を入れようとすると
上半身、特に腕の方にどうしても
意識がいってしまいがちです。

 

そうなれば当然
余計な力が入ってしまい
下半身との連動がなくなり
上半身主体の投球フォームに
なりやすくなるのです。

 

自分では力が出ているように
感じるかもしれませんが
それはただ力んでいるだけの
可能性があり実際には
ボールにうまく力が伝わっておらず

キレのないボールになってしまたり
コントロールが乱れたり

さらには
肩や肘への負担
にもなりかねません。

 

そこで!!

リリースを力むことなく!
ボールに力を伝えるために
確認して頂きたいことが、、、

腕ではなく!

『前足』となります。

右ピッチャーであれば左足
左ピッチャーであれば右足です。

あなたのお子様は
この前足の膝が
外側に開いてしまった
「膝が割れた状態」
なっていませんか?

 

前足の膝が割れた状態では
いくら下半身を踏ん張って
地面から反力をもらおうとしても
その力はうまく上半身に伝わりません。

 

この理由として
前足が地面に接地した時に
支点が膝になってしまうからです。

 

膝を支点にしてしまうと
反力を受けにくくなるため
上半身と下半身は連動しません。

 

下半身と上半身を連動させるためには
支点を膝ではなく『股関節』
変える必要があります。

 

ここで
お子様に一度試して
頂きたいのですが、、、

まずリリースの形を
作ってもらってください。

 

このリリースの形を作ったときに
太ももの前側が疲れるような形であれば
膝を支点にしている可能性があるのです。

 

この時は
太ももの前側だけでなく
お尻、背筋、太ももの裏側
力が入る状態でリリースを
迎えることができるようにしてください。

 

この股関節に乗せることが
できるようになったら

前足の股関節を支点にして
回転動作を行なってください。

 

そうすることで
腕に遠心力が働くので
上半身が力むことなく
ボールに力を伝えることが
できるようになっていきます。

 

リリースの瞬間に
力を入れようとすると
この遠心力を止めてしまい
腕のスイングが遅くなってしまいします。

 

また、リリースの瞬間は
一瞬の動作なので

力を入れようとすると
タイミングが早くなって
しまいますので
開きの早さに繋がったり
上半身のツッコミの原因に
なったりします。

 

もし!リリースの瞬間に
力を入れることを意識するのであれば

まずは
前足の股関節を支点にできるよう
固定することを取り組んでみてくださいね!

 

練習動画はこちら▼