こんにちは!

BASEBALL ONE
大崎裕司です!

 

高校野球では全国各地で
夏の選手権大会予選が
始まり出しましたね。

今年は100回記念大会
ということで出場校も多く、
例年以上に盛り上がる大会に
なりそうですね!

 

夏の大会は1発勝負の為、
1プレー1プレーが
非常に大事になってきますし、

また、そこにかかる
緊張感やプレッシャーというのは
非常に大きいものになってきます。

 

この緊張感や
プレッシャーの蓄積が
終盤の得点に繋がる
ケースが多くあります。

 

攻撃側は1試合を通して
このプレッシャーを
いかに与え続けることができるかが
1つのポイントとなります。

 

今回はランナーの
「見えるプレッシャー」のかけ方に
ついて紹介していきたいと思います。

 

表題にもある通り
左ピッチャーと右ピッチャーの
リードの取り方についてです。

 

まず、
リードの取り方の違いという点で
一番わかりやすいのがリード幅です。

 

あなたもご存知の通り
左ピッチャーと右ピッチャーでは
リード幅が違いますよね。

 

このポイントでは
正対している左ピッチャーの場合、
リード幅の違いを見せることで
プレッシャーを与えたり、
考えさせることができます。

 

では
肩越しにランナーを見る
右ピッチャーに対して
どのようにしたらプレッシャーを
与えることができるでしょうか?

 

もちろん、
単純に先ほどお伝えした
リード幅でプレッシャーを
与えることもできます。

しかし
一番のポイントは
右ピッチャーの場合、
リード幅を生かす為にも
「リード位置」を変えることです。

 

アウトカウントにもよりますが
このリード位置を変えることで
ピッチャーからの見え方が
大きく変わってきます。

 

具体的な位置を言いますと
普段の位置から
前(ピッチャー寄り)に立つか、
後ろ(外野寄り)に立つかです。

 

《通常位置》

《通常より前目》

《通常より後ろ目》

この画像みて頂くだけでも
見え方が大きく変わると思います。

 

アウトカウント、試合状況によって
このリード位置を変えることで
様々なプレッシャーの与え方ができます。

 

もちろん
右ピッチャーだけでなく、
左ピッチャーに対しても
活用することができます。

 

どの位置でリードを取ると
どのようなプレッシャーを
与えることができるのか??

 

是非、実践してみてください!

 

スクリーンショット 2017-05-22 17.28.45