こんにちは

BASEBALL ONE
亀浦 俊一です。

 

前回
変化球のタイミングの合わせ方について
少し説明させて頂きました。

 

いくらタイミングを
合わせたからといって
ボール球に手を出していたら
結果に結びつける事は
難しくなってしまいます。

 

変化球というのは
タイミングを外したり
ストライクから
ボールに変化させる事で
振らせにくるものがあります。

 

今回は特に
低めのボールの見極め方について
説明していきたいと思います。

 

低めの見極めで大切な事は
・ボールを見過ぎないことと
・距離を意識すること(インパクトの位置)
・高さをはっきりさせる

この3つのポイントが大切になります。

低めのボール球になる変化球を
振ってしまう選手というのは
ボールを最後まで見過ぎてしまうことで
・頭が突っ込み
・ボールを打ちにいき過ぎてしまうこと
が挙げられます。

この時注意して頂きたいのが
押し手とインパクトの距離です。

 

画像でご覧いただけるように
この時の距離がなくなる原因は
ボールを見過ぎてしまうことにあるので
やはり低めの変化球に対しては
ボールを見過ぎないことが大切になります。

 

もう一つは
どの高さまで打ちにいくのか
決めておくことが大切になります。

 

このポイントは
準備することも大切で
ピッチャーのタイプや
変化球の曲がり方、
落ち方を予測すること
も大切になります。

 

その準備ができた段階で
リリースからインパクトまでの間
どの高さを通ったら振り出すのか
どの低さであれば振らないのか
を決めることが大切です。

 

やはり低めの変化球は
打席に入るまでの準備と
ボールを見過ぎないことが
大切になるのです。

 

ボールを見すぎる選手の練習方法は
ティーやバッティング練習の時に
打ち出しのタイミングで目を閉じる
練習をしましょう。

参考にしてみてください。