ロゴ

 

あなたは
バッターボックスの中で
どのように考えて
バッティングをしていますか?

 

打席での考え方ひとつで
打率というのは
大幅にあげることが

できるのです。

 

そんな打率をあげる上で
大切なバッターボックスの中での
考え方をあなたにお伝えいたします。

 

バッターボックスの中で
考えていかなければいけないことは
人それぞれ違ったりもしますが

一番やってはいけないのは
打席の中で技術面のことだけを
考えてしまうことです。

 

打席の中で技術面のことを
考えてしまう選手が
多くいるようですが

 

技術面は打席の中で
考えることではなく
振り返った時に
『あの打席はこういう感覚だったな』
などというように試合が
終わったあとで振り返るものです。

 

ですので
技術面は振り返ってから
練習に活かすようにし
打席の中では
一旦置いておきましょう!

 

では何を考えるのかというと

まずは相手ピッチャー
ことを考えていきましょう!

 

ポイント①

その中でも1つ目は
ピッチャーの球種です。

これは打席の中というよりも
ベンチやネクストバッターの時に
見ていただきたいです。

 

どんな変化球を投げるのか?
どういった曲がりをするのか?
どの変化球が多いのか?
どの変化球がストライクを取れる球なのか?

 

難しく聞こえるかもしれませんが
何十球種もあるわけでは
ありませんし
中学生なら多くて
3、4球種くらいだと思います。

 

これくらいなら
1打席もしくは
1番打者の打席を
ベンチから見ていても
すぐに分かることです。

 

さらに言えば
ブルペンが見えるところで
相手ピッチャーが準備していれば
勘のいい選手はその時にでも
どんな変化球があるのか
見分けることも出来ます。

 

このように考えることで
必ず1打席の中で
一球は投げてくる球というのが
見えてくるようになってきます。

 

それが分かっているだけでも
打率というのは大きく変わってきます。

 

ポイント②

2つ目に考えていただきたいのが
どのように
カウントを取っているのか?

これも非常に大切になってきます。

 

例えば
初球は必ずストレートを投げる
ピッチャーもいれば
変化球やストレートを織り交ぜてくる
ピッチャーも当然います。

 

これが分かるようになってくると
相手ピッチャーも
見えてくるようになり
初球からガンガン
打たない方がいいのか?

 

逆に初球から打ってもいいのか?

 

というのが
見えてくるようになってきます。

 

ポイント③

そして3つ目が
決め球は何なのか?

要は相手ピッチャーが
一番自信のある球です。

 

これは恐らく
中学生や高校生くらいなら
先ほどお伝えした
2つの部分を見ていれば
自然と見えてくるように
なってきますので
確認しておきましょう!

 

プロ野球選手のインタビューでよく
「強く振ることだけを意識しました」
という言葉を聞きます。

 

あれは全く考えていない
というわけではありません。

 

プロ野球選手の場合は
全てデータとして
配球や癖が出ていますし

何回も対戦することがあるので
考えているというよりも
覚えているという選手が多いです。

 

そのため強くスイング
することだけを意識しました。
というような
インタビューの答えになるのです。

 

しかし
アマチュアの場合は
ほとんどがその日見た初めての
ピッチャーばかりです。

 

これくらい考えなければ
打率を上げることは
そう簡単なことではありません。

 

あなたはこのようなことを
考えて打席に入れているでしょうか?

 

この『考える』というのは
いろんな意味で
いい影響が出てきます。

 

このように考えることで
変な気負いもなく
打席の中で
緊張するということも
少なくなっていきます。

 

それでも打てない時は
技術面に問題があるはずです。

 

そうなって初めて
技術を見ていっては
いかがでしょうか?

 

そうすることで
あなたの弱点も
見えてきますし
改善点にも早く
気付いていけるように
なっていきます。

 

ただ単純に来た球に対して

・タイミングを外された
・打ち損じた

というような
単純な考えには
ならないようになりますので

ぜひ!試合の中での
考え方として
取り組んでみては
いかがでしょうか?

 

さらに!
BASEBALL ONEの
オンラインセミナーでは
打率アップのための考え方から
練習方法までご紹介しています!

 

今回の内容と併せて
ぜひご覧ください!

 

▼こちらからチェック▼