テイクバックとは…
軸足に乗せたとき
前足が着地したときに
体とバットの距離を
少し離してあげる動作のことです。

 

このときに
注意しなければいけない
ポイントが3つあります!

 

今回はその3点を
あなたにご紹介します!

 

バットの先を一緒に引いていないか?!

まず1点目が
バットの先を一緒に
引かないことです!

何故バットの先を
引いてはいけないのか?

 

それは
バットの先が一緒に
後ろに引いてしまうと、

テイクバック時に
手に力が入ってしまっている
ということになります。

 

テイクバック時に
力が入ってしまうと、
インパクトの瞬間に
力が伝わりにくいです。

 

力を1番発揮したいタイミングは
インパクトです。

 

テイクバックに力が入っていては
スムーズに振り出しもできませんし
インパクトで力を入れることができません!

 

ですので、自然体の中で
テイクバックを取りたいので
ヘッドが一緒に引いてしまう
ということには注意しましょう!

 

手の位置

2点目が手の位置
ポイントがあります!

手の位置というのは
テイクバックを取ったときに
上げ過ぎないということです。

 

上げ過ぎてしまうと
ダウンスイングに
なりやすくなってしまうので
上半身が突っ込んでしまい
ボールを切るような
スイングになってしまいます。

 

こういったスイングにならない為にも
肩のラインの位置で
テイクバックを取れるように
していきましょう!

 

そうすることで
バットが真っ直ぐ
出てくるように
なってきますので
ボールを捉えたときに
力がロスなく伝わります。

 

このテイクバック時の
手の位置というのを
意識していきましょう!

 

肩は入りすぎていないか?

最後となる3点目が
前肩がホーム側へ
入りすぎてしまっていないか
という点です!

テイクバックを
大きく取ろうとしすぎ
肩を入れてしまう選手がいますが
肩を入れてしまうと
ピッチャーが見えませんよね?

 

これでは球を見ようとして
体の開きが早くなってしまいます。

 

早く開いてしまうと
力が抜けてしまい
強い打球は打てませんし
バットが出てこないので
つまる原因にもなります!

 

肩が入らない位置まで
テイクバックを取ることを
意識しましょうね!

 

なお今回お伝えした
3つのポイントについて
動画でも説明していますので
是非ご覧下さい!

動画のように、
テイクバックを取れるように
意識していきましょう!

 

このテイクバックを確認できたら
次に!確認しなければいけないのが
『バットの振り出し』についてです。

 

これまで私たちは
7,000人以上の野球選手を
サポートさせて頂きましたが
バッティングの解析をさせていく中で
「自分のイメージ通りにスイングできない」

そう話す選手に限って
ストライクゾーンや
自分のポイントなど関係なく
”ただ”思い切りスイングできる
素振りを繰り返している選手が
圧倒的に多いのです。

 

これでは素振りを一生懸命継続しても
なかなか結果が伴わないですよね。

 

その理由として
バットの振り出しが
原因となっている
ケースが多くあるのです。

 

バッティングは
『下半身が大切!』
そう言われるものですが
お子様のフォームの気になる所を
よーく考えてみると、、、、

・スイングが波を打っていたり
・脇が開いてしまったり
・こねるようなスイングをしたり
・ガチガチに力んでバットを握っていたり
などと
上半身にどうしても
目がいかないでしょうか?

 

こうした原因は様々で
下半身の使い方を変えていくことで
改善するケースも多くありますが
上半身の問題となるフォームを
修正していくためには

まずは!
『上半身の正しい使い方』
理解しなければいけません。

 

特に!
バットを扱う『腕』の使い方
覚えていくことで
フォームの改善もしやすくなります。



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録