大川 画像BASEBALL ONE

豊川フィールド

大川学史です。

 

明日はいよいよドラフト会議ですね!

私も2年前までこの日のために!

野球を頑張るモチベーションを保ち野球を続けてきました。

 

野球というスポーツはどんな選手でも

『引退』

する時期が必ず来ます。

私は何度も野球をやめようか迷う時がありました。

これからあなたにもそのような時期は必ず来ます。

 

中学から高校に上がるタイミング。

高校からそれ以上のレベルを目指すタイミング。

 

それぞれ

必ずその野球を続けるか、

やめるかの選択が迫ってきます。

 

私の場合は

大学から社会人野球に進んだとき。

社会人野球から独立リーグに進んだとき。

その他では

様々な挫折を経験した時、

何度もやめようと考えました。

 

そんなときに私はこの歌によって 何度も元気をもらいました。

SEAMOさんの『Continue』です。

この歌詞の

 

勝つか負けるかじゃなくて

 やるかやらないなんだよね

 どんな夢でもかなえる魔法

 あきらめないこと

 

負けたら終わりじゃなくて  

 やめたら終わりなんだよね  

 どんな夢でもかなえる魔法  

 それは続けること

 

という歌詞が本当に心に響き

自分に当てはまっていました。

 

好きなはずの野球をやめたい。

逃げ出したい。

そんな時にはこの歌を聞いて元気をもらっていました。

あなたも悩んだときは

ぜひ!この歌を聞いてみてください。

http://youtu.be/BKCZdIWmEt0

 

私の独立リーグ時代のピッチングコーチである

加藤さん(現ヤクルト・ピッチングコーチ)にも

「野球を続ける限りプロになる可能性は

誰でもある。やめたらその可能性は0になるんだよ。

だから続けることに意味がある。」

という言葉を言われたことがあります。

 

私はプロにはなれませんでしたが

続けて本当に良かったと思っています。

 

私は本当に才能がない選手でした。

 

そんな選手でも続けたからこそ

様々なタイトルを取ることができ、

プロのスカウトも見に来てくれるまでの選手になりました。

 

あなたの夢をかなえるには

つらくても、

一時的な気持ちで 『やめる』 という

選択をしないでいただきたいと思います。

 

PS

「独立リーグ体験記」

私が経験してきた野球です。

様々な挫折を経験したからこそ 今の私があります。

無料で購読できますので ぜひ読んでみてください!!

http://baseball-one.com/services/infopub/mail/league/

私の体験記を読み、

あなたの野球に対しての意識の プラスになればと思っています。