burog

ランニングスローを行う際に
意識すべきポイントと
その練習方法をお伝えしていきます。

 

ランニングスローも
守備のプレーに欠かせない1つです。

 

打球によっては
際どい判定になる場合もあります。

ステップも当然、大切になりますが
内野手としてアウトを取ることが1番です。

際どい判定になるような
弱い打球に対して
ステップを踏んでしまうと
セーフになる可能性があります。

 

そのため、
ランニングスロー
身につけておくことで
アウトにする確率を
高めていくことができるのです!

しかしランニングスローにも
注意点があります!

 

 

一歩間違えてしまうと
普通のスローイングに
悪影響を与えかねません!

 

ですので
なんとなくで練習をするのではなく
正しい練習を行っていきましょう!

 

正しい練習方法を
こちらの動画で
お伝えしていきます!

 

練習方法①

こちらの練習でのポイントは
手と足の振るリズムを合わせることです!

 

手と足を同じタイミングで振ると
体がブレずに投げることができます!

 

練習方法②

 

いかがでしょうか?

 

このような練習に
取り組んでいきましょう。

 

 

強いボールを投げるためには
体をどのように使えばいいのか?
どのような動作をするといいのか?
と突き詰めていきましょう!

 

しっかりとした意識で!
そして正しい練習を行うことで!
送球は良くなっていくでしょう!

 

ランニングスローに加えてもう一つ!
あなたに身につけていただきたいものがあります!

 

それがスナップスローになります!

スナップスローを身につけることで
素早く!強い!いいボールを投げることができます!

 

今回のランニングスローとともに
スナップスローも身につけ!
チームの勝利に貢献しましょう!

 

スナップスロー完全マスタープログラムは
▼こちらから▼