こんにちは!

BASEBALL ONE

ベースボールアナライザー

スクリーンショット 2014-05-19 13.17.31

西村昌太朗です。

 

 

今日は僕が打撃について

どのように考え

選手達へパーソナルトレーニングを

行い、アドバイスをしているのか?を

お話させていただこうと思います。

 

まず

打撃を大きく分解すると

このような流れになります。

 

打撃細分化1

僕が動作解析を用いて

打撃フォームを解析する際に

まずその選手のは悩みや今後の

課題を伺います。伺った内容に照らし合わせ

この大きく6つに分けた項目の中に

問題点が無いかを解析していきます。

この図を見ていただければ

お分かりだと思いますが

各項目には

タイミング動作」と

スイング動作」が関係してきます。

あえてもう一度言いますが

あなたの理想とする

スイングをする為には

まず!タイミングを合わせる!

ということが重要になってきます。

しかし

多くの選手がその内容を無視された

アドバイスを多く受けています。

打撃細分化2

この赤枠の所だけ。

でも構え〜体重移動までを

いくら洗練させても

スイング動作」に問題があれば

そのタイミング動作さえも

台無しにしてしまう。

なので打撃というのはその両方に対しての

バランスが重要になってくるということ。

以前にもお伝えした事がありますが

その凡打に対して

タイミング動作が原因なのか

スイング動作が原因なのかを

冷静に的確に反省し、判断しなければ

しなくて良い遠回りをすることになってしまう。

監督やコーチがグランドでよく使う言葉だけを

見よう見まねだけで何の根拠も無く

お父さんやお母さんがお子さんに

指導するというのはあまりにも危険な行為である。

タイミング動作なのか?

スイング動作なのか?

どちらに問題があってその凡打が出たのかを

選手と共に正確に判断しなければ

悪い方向へわざわざ進みにいくようなものなのです。

しかし

スイング動作も重要

コチラをご覧下さい。

打撃細分化3

もっと細かくしていけば

もっと細かくできますが

選手に対してシェアしていく為には

この内容が現段階では適切だと

判断しお話します。

スイングスタート後

上半身は3つ

下半身は2つのポイントがあります。

上半身と下半身のこのポイントを経て

インパクトへと繋がっていくのですが・・・

打撃細分化4

フォロースルーというものを

インパク後に行うものという

意識が強すぎてインパクトで

スイングが終わってしまい

その選手本来の力や能力を

発揮できないケースが多々あります。

ですのでこの図のように

インパクトというものを

通過点として捉えていくと

フルスイングができる

スイング作りが可能となってきます。

現在この内容を反映した

打撃スイング

ベース作りプログラム-初級編-を

作成しています。楽しみにしていて下さい。

しかし

この内容をもっと早く知りたい!という方の為に

この夏休みに行われる

camp

BASEBALL ONE

SUMMER CAMPでいち早く

指導、アドバイスさせていただきますので

楽しみにしていてください。

このキャンプ定員10名に対して

残りお申込可能枠が3名となっております。

お早めにお申込くださいね!

BASEBALL ONE

SUMMER CAMP専用ページ

そして今日はもう1つ!

BASEBALL ONEの打撃ノウハウを

公開します。先ほどお話した

打撃の細分化を利用すれば

もっと打撃練習に対して

効率化を行う事ができます!

g「

↑作成中のプログラムより抜粋して

お届けします!

その内容について本日配信の

ビービーワン!通信限定でお伝えします!

ぜひ!お楽しみに♪

購読登録が未だお済みでない方は

今日20:30までに下記フォームより

お申込くださいね!

BB-ONE通信(メルマガ)お申込フォーム
お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

【プライバシポリシー】
http://baseball-one.sakura.ne.jp/policy/
↑必ずご覧下さい。

○メルマガが届かない方へ○
bb-one@bb-one.jpからのメールを受信できるように
設定してください。また、迷惑メールフォルダに受信される場合も
ございますのでそちらもご確認ください。

※フリーメールアドレスサービスのyahooメール、gmail.com、hotmail.com、livedoor.com、excite.co.jp、goo.ne.jp
等のフリーメールアドレスは届かない場合がありますので、
プロバイダのメールアドレスをオススメしています。