大川 画像こんにちは!

BASEBALL ONE
豊川フィールド
大川学史です。

 

野球において
ピッチング・バッティング共に
体の開きはギリギリまで
我慢したいものです。

監督・コーチからも
「開いてるぞ!」などと
指摘を受け、意識はしているものの
なかなか改善できない。

そんなあなたには
ご紹介する練習方法を一度
試してみて下さい。

また、少年野球の選手で
頭の位置が動いてしまい、
なかなかボールを捉えることができない。

そんな、お悩みのあなたも
ぜひ!最後までお付き合いください。

 

バッティングというのは
動いているボールを自分の体を動かし、
バットで打たないといけません。

これをピッチャーが投げ、
わずか0.4~0.5秒程度で
ストライク、ボールを判断し、
緩急にまで対応しなければいけません。

こんな難しいバッティングだから
本能的に早く開いて
体は正面を向き、両目で
ボールを見たいのです。

しかし、こうしてしまうと
当然、当てることはできても
飛距離は落ちてしまいますよね。

そこで!
まずはティーバッティングから
実践してほしいのですが・・・

「インパクトの瞬間キャッチャー方向を見る」

これを取り組んでみて下さい。

顔の向きがキャッチャー方向を向けば
当然、胸は残ります。
開きません。

これを繰り返し、
開かない感覚ができてきたら
通常通り打ってください。

また、頭の位置が
動いてしまう選手のほとんどが
ボールの方向へと動いてしまいます。

バッティングは
ボールを長く見たいものです。

当然、自分がボールの方向へ
頭が動いていけば
ボールを見る時間は短くなってしまいます。

キャッチャー方向を見れば、
前に動くこともなく、
頭の位置が動かない感覚で
打つことを身につけることができます。

まずはしっかり
私たち大人が見てあげて
選手が頭の位置が動かないで
打てているか見てあげて下さいね!

一番危険なのは
『自分ではできているつもり』
ですよ!

また今後も様々な練習方法を
ご紹介していきます!

早く知りたい!
早く治したい!
早く打てるようになりたい!
そんなあなたは一度お越し下さいね!

↓こちらから無料体験申し込めます↓

スクリーンショット 2016-05-09 16.46.05

 

動作解析

打撃解析の予約はこちら▼

投球解析の予約はこちら▼

 

無料体験

BASEBALL ONEの
個人指導を無料
体験することができます!

詳細はこちらをご覧ください。

お問合せ

場所やプランなど
ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問合せは
0533-83-9891へ
おかけ下さい。

受付時間
10:00〜20:00

 

BBB

 

 

ビービーワン

b1

bb2

BB-ONE通信(メルマガ)お申込フォーム
お名前(姓)
お住まいの地域
メールアドレス