「なかなか芯でボールを打てない
といった悩みから
レッスンがスタートしました。

 

ティーバッティングから始めてみましたが
彼が悩みに挙げていた通り
なかなかボールを芯で捉えることが出来ず
ゴロが目立っていました。

 

選手本人はバットの出し方、
インパクトを気にするように
何度も何度もバットを動かしては
首を傾げている姿を思い出します。

 

そこで、本当に悩みに挙げられるポイントが
気にしているバットの出し方であるのか
インパクトでの形であるのかを
解析で見ていくことにしました。

 

解析の映像を見ると
あるポイントで彼は
「あっ!」と声を上げたのです。

 

それは先程のティバッティングで気にしていた
バットの出し方でもインパクトの形でもなく
トップ時の軸足の膝がはやく折れる
ところでした。

「こんなに膝が折れてたんですね」

実際の自分自身の姿を見て
イメージと違った動き
しっかりと受け止めていました。

 

ゴロが多くなってしまうのは
軸足の膝の折れによる原因
ということを知り
今まで気にしていた部分
修正の仕方の違いを
振り返っていました。

 

ここで彼には
「修正するポイントは
違ったのかもしれないが
自分自身で考えて取り組んだ
試みを大事にしてほしい。
今回必要なポイントを知れたことを
プラスに捉えてもらいたい」
と、伝えさせてもらいました。

 

解析を用いることで
実際の自分自身の姿を知り
イメージ通りなのか、
全く違っていたのか
様々な部分を
明確にしていくことが出来ます。

 

それにあたり
選手1人1人に合った練習方法や
コミュニケーションを取り合いながら
サポートをさせて頂いております。

 

今回の彼もその1人です。

 

「しっかりとボールを捉えることが出来ず
凡打、ゴロが多い」といった悩みから
どのようにしてボールを捉える確率を上げ
練習に取り組んでいったのかをご紹介します。

 

軸足の膝が流れないようにする練習方法

【手順】
1.自分の構えで立つ

2.軸足の内側にバットを
地面と垂直に立たせる

3.しっかりと軸足の股関節に
体重を乗せる

4.ステップの際に上半身は
キャッチャー側に
捻ってくると同時に
ステップ足を着地させていく

5.ステップ足が着地した時点で
軸足のつま先の上に
軸足の膝がある状態でストップする

 

前足をステップさせていく際に
軸足の膝が折れる、
流れてしまう動きを
バットで軸足の膝の動きを
抑えることによって
ステップ時の必要なトップ姿勢を
身に付けることが可能となります。

 

軸足の膝が
折れてしまうということは
頭で理解しているものの
体が反応してくれるかが
彼にとってのポイントの一つ。

 

そのため、
そもそもトップ姿勢を決める上で

軸足の膝の抑えを覚えていくために
まずはボールを打ちながらではなく
しっかりと動きの確認から始めていきました。

 

軸足に体重を乗せたままステップしていく為の練習方法

【手順】
1.台など段差が作れる物を用意する

2.台をホームベース側に置き構える

3.軸足を台の上に乗せ、体重をかける

4.台の上で軸足一本で立ったら
トスをあげてもらう

5.打っていく

 

台を使うことで
軸足で地面を強く踏み

その状態でステップさせていくことで
トップの際の軸足の膝の折れを
抑えることができ、

トップ時に軸足に体重を乗せた形が
可能になります。

 

膝が折れるのは
体重の掛け方にもポイントがあり

台を使うことで
選手自身がどこに体重を置くのか

ステップ時に膝が折れているのか
が気付きやすく

ボールを打つ練習の中でも
「折れた」「流れた」
と、
軸足の膝がの動きがどうなったかを
声に出してレッスンを
取り組んだこともあります。

 

間を作るための練習方法

【手順】
1.構えるた状態で後ろを向き、
後ろからトスをしてもらう

2.インパクトまでボールを待ち、
踏み込み足を下ろしていく

3.トップを作りトップから振り出す

4.投手方向へ打つ

 

キャッチャー側からの
トスによって

体重を残すことが
出来るようになり

ピッチャー側に
折れやすい軸足の膝の動きを

トップまで抑えることが
可能になります。

 

軸足の膝が
折れないようにしていく上で

体重の残し方を
覚えていく必要があるとも考え

ステップをしていきながらも
軸足の膝が折れることなく
トップを決める姿勢を

可能とさせる練習を
取り組んでいきました。

これらの練習を取り組んでいくにあたり
動いてしまっていた軸足の膝を
僕は「止める」イメージを持つことが
必要であると感じた。
と、彼は教えてくれました。

 

選手1人1人
感じ方、考え方も様々な中で
こうした自分自身が感じることを
声に出して言えるようになった成長も
プレーと共に感じた時でした。

 

キッカケを掴むために
サポートをさせて頂いております。

 

毎月5名様限定 無料体験実施中!

BASEBALL ONEは
愛知県内9店舗展開し
選手のサポートを行なっています!

 

フォームを細かく分析できる動作解析
マンツーマンのパーソナルレッスン
を通して、お子様に合ったフォームや

練習方法を提案します!

 

普段の練習や試合を通して
上手くいかないことや
疑問に感じていることなどなど…

あなたやお子様が
抱えているお悩みを
私たちにお聞かせください!

 

お子様のフォームを細かく分析し
マンツーマンでサポートします!

 

現在、毎月5名様限定で
無料体験を実施中です。

 

申し込みは先着順となりますので
お早めに申し込みください!

 

▼無料体験の詳細・申し込みはこちらから▼

無料体験

 

 



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

ビービーワン通信申込みフォーム
お名前(姓)  *  例)鈴木、田中
お住いの地域  *
メールアドレス  *