burog-1024x262

キャッチャーにとって
簡単なように思えて
意外と難しいのが
「キャッチャーフライ」

 

フライというと
・捕るだけ
・簡単
など、
はたから見れば
そう思われるかもしれません。

 

ですが
本当に簡単なのでしょうか?

 

キャッチャーフライは
内野フライ、外野フライとは
少し違った種類のフライとなります。

 

何が違うのか・・・

 

それは
打球が「戻ってくる」
からです。

 

ファールゾーンへ打ち上げられた打球は
フィールドの中へと入っていきます。

IMG_3916

IMG_3917

そのため、キャッチャーは
キャッチャーフライの対応として
体の向きを変える必要があります。

 

唯一バックネットを背にして
守っているのがキャッチャー。

 

そのキャッチャーがフライを
捕るためには向きを変えなければ
捕球が難しくなるのです。

 

それは先程もお伝えしました
戻ってくる事が原因です。

 

打球が上がった瞬間は
打球が戻っていく方向と同じ方向を
キャッチャーは向くことになります。

 

そのままの向きで
捕球を行なっていくと
徐々にキャッチャーから
打球は離れていってしまいます。

IMG_3947

その為、キャッチャーフライでは
向きを野手と同じ方向に向けて
捕球を行なっていくことが
重要となるのです。

 

そうする事で
ボール飛んでくる軌道に
向き合える事ができ
スムーズな捕球を可能とします。

IMG_3948

そうなると問題は
それをどの様にして
身につけていくか。

もちろん練習しかありません。

 

そこでその
キャッチャーフライの反応を
良くする練習メニュー
ご紹介致します。

 

1 複数の位置に印を付ける

IMG_3956

2 構えからのスタート

IMG_3958

3 指定された打球位置に走る

IMG_3959

4 走りながらブレることなく回る

IMG_3960

5 一回転しても指定までのラインを崩さない

IMG_3961

6 半回転して捕球態勢

IMG_3962

7 捕球

IMG_3963

フライを追う動きの中で
いかにブレることなく素早く対応し
ミスなく捕球を行うか

 

その為のポイントを
しっかりと押さえて取り組んでいく
必要があります。

 

そのポイントを押さえずに
ただキャッチャーフライの練習を
繰り返しても上手くはなりません。

 

今回のキャッチャーフライの
反応を良くする上での練習
是非参考にしてみてください。



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録