捕球の基礎と言えば
「両手」ですよね。

 

その他にも
「正面」「腰を落とす」など
様々なことが捕球の基礎として
出てくるでしょう。

これについては
正しい、間違いなどありますが
今回は省かせて頂きます。

 

今回は捕球の基礎の中である
「両手」についてフォーカスし、
あなたのお子様の守備が
上達していただきたいと思います。

 

両手で捕りにいくからこそ、
握り替え動作を早くすることができ、
捕球からスローイングまでの動作が
スムーズに行えます!

 

少年野球では
必ずと言っていいほど
キャッチボールから
「両手で捕りなさい!」
言われるでしょう。

 

「両手で捕球」
このことには大賛成です!

 

しかし、この両手・・・

時に邪魔をしてしまうのです!

 

どこに来ても
両手で捕ろうとしてしまう選手を
多く見かけます。

 

例えば…
捕球できるかできないかの
ギリギリのボール。

 

両手で捕球しようとしてしまい
グラブの操作が上手くできず
捕球ミスをしてしまう…
後逸してしまう…

そんな場面を目にすることは
珍しくありません。

 

そして
ボールを後ろにそらせば
「体で止めろ!!」
そんなやりとりがされます。

体を張って
ボールを怖がらずに
後ろにそらさないという心構えは
もちろん大切ですが

ドッチボールのように
体で止めるスポーツではありません。

 

グローブを身につけているので
グローブでボールを捕球するものです

 

守備が上手いと言われるような選手は
体で止めているのではなく
グラブの使い方が上手いのです。

 

グラブの使い方が上手いので
そこまでの足の運び方も上手いです。

 

グラブの使い方を身につけるために!
1つの練習方法をご紹介します!

 

▼グラブの使い方の練習方法▼

 

ステップ①

捕球姿勢を作ります。

 

高い姿勢ですと
グラブを下から出すことができません。

 

ステップ②

ボールを投げる人は
横にボールを投げ
捕球する選手は片手で捕球します。

 

捕球する際に
両手で捕球しにいってしまうと
グラブの操作が上手くできません。

 

ステップ③

反対側にボールを投げ
ボールを捕球していきます。

 

この練習を行うことで
グラブの使い方が上手くなり
ボールの変化にも対応できます!

 

ぜひ取り組んでみてください!

 

そして!

BASEBALL ONEが
毎日発信している
無料メールマガジン
『ビービーワン通信』

ビービーワン通信に登録していただくと…

BASEBALL ONEのノウハウが詰まった
『野球上達プログラム』
をプレゼントしています!

 

野球上達プログラムでは!
バッティング・ピッチング
走塁・守備
について解説しています!

あなたも!
ビービーワン通信に登録し
野球上達プログラムをご覧いただき
守備のレベルアップに取り組みましょう!

 

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

ビービーワン通信申込みフォーム
お名前(姓)  *  例)鈴木、田中
お住いの地域  *
メールアドレス  *