こんにちは!

BASEBALL ONE
西村直樹です!

 

私自身が投手をしていて
1番意識していた事が
「緩急」でした。

 

ストレートが150キロ近く出ていても
同じ球速ばかりであると目が慣れ
タイミングが取れるようになり
打たれてしまいます。

 

その為にも、
ストレートと変化球で
「前後の揺さぶり」
で打者のスイングを崩し、
打ち取るといったことが
必要になります。

 

そこで、今回は
その為に使っていた
変化球の一種の
「パームボール」
についてお話したいと思います。

 

パームボールと言っても
名前を聞くくらいで、

「どのような変化なのか分からない」
「どのような握り方なのか分からない」
「どのように投げれば良いか分からない」

という選手が多いと思います。

 

しかし!
このボールを投げる事で、
緩急をつけたピッチング、
目線をずらす事ができるピッチングが
できるようになります。

 

私の場合は、
ストレートで内外と目を動かし、
十分に目が慣れてきたところで
このボールを使用していました。

 

変化としては
チェンジアップに近いのですが、
異なる点は一度上に上がり
落ちてくる部分になります。

 

上に上がる事で
打者の目線・体を
上げることができます。

 

そこから落ちてくる為、
タイミングと目線を
一気にずらす事ができます。

 

打者はスイングする時に、

「目線をずらさない」
「タイミングをしっかりとる」

と考える為、
この一球で全てを
崩す事ができます。

 

握り方ですが

上の画像のように、
親指と小指を主に
手のひらで包むように握ります。

 

この時、
人差し指・中指・薬指は
立てた状態になり
その三本の指の付け根が
大切になってきます。

 

投げ方は、
ストレートを投げる様に
そのまま強く振るようにします。

その際、上記で述べた

「三本の指の付け根」

に当たり、押し出せるようになると
回転数が減り、球速差・変化量を
増す事ができます。

まずは、親指と小指に
力が入り過ぎないように、
抜けるようになる事が
パームボール習得の為の
第一歩になります。

 

抜ける事で
腕の振りと球速の差が
大きくなる為、
打者の判断を
難しいものにします。

 

私が実践していた時は
親指・小指の力の入れ方で、
カーブ方向・シンカー方向
へ落ちるように使い分けていました。

そうする事で右・左打者関係なく、
二方向への変化が覚えられ、
打者に狙いを絞られにくくなりました。

 

現在は投げる投手も少なく、特に

「肩や肘への負担が少ない」

です!

 

是非投球の幅を広げる為にも
一度試していただきたいです!