各年代においても、球速というのは注目される要因となります。

投球フォームが改善してきても、球速がなかなか上がっていかないと悩む選手もいるのではないでしょうか?

基本的には投球フォームも良い形に改善されると球速アップには繋がっていくものですが、なぜ投球フォームは改善されてきているのに球速アップにつながらないのでしょうか?

その要因として鍵を握るのが『瞬発力』です。

瞬発力というとジャンプなど一瞬で力を出すイメージがあると思います。

投球動作の中では、一瞬にして爆発的な力を出すことができなければ球速アップには繋がりにくいのです。

そして、投球動作において、やはり下半身の力が欠かせません。
下半身の力をいかにボールに伝えていくことができるかが大切になります。

下半身でのタメた力を一気に発揮することによって球速アップにも繋がっていくのです。

そこで、球速アップに欠かせない『瞬発力』を向上させるため、連動させるためのトレーニングを5種目ご紹介します。

①体幹も重要な体の動きを操る瞬発力向上トレーニング

【手順1】
足を前後に開きながらジャンプをする。

【手順2】
着地するときは両足揃った状態で戻る。

【手順3】
これを交互に行なっていく。

【効果】
瞬発的な力の発揮を習得できる。

【注意点】
上半身のブレることなく動作を行うようにしましょう。

【回数】
左右10回×3セット

 

②瞬発力トレーニング

【手順1】
ランジ姿勢を取る。

【手順2】
上半身の反動を使うことなく前足を蹴り出し、前に踏み出す。

【手順3】
ふらつかないように、着地する。

【効果】
股関節で体重を乗せること、体重を受け止めることで体重移動がうまくでき、ボールに力が伝わりやすくなる。

【注意点】
着地の際に上半身がブレないように、お腹に力を入れて動作を行うようにしましょう。

【回数】
左右10回×2セット

 

③瞬発力を上げるためのトレーニング

【手順1】
高くジャンプする。

【手順2】
ジャンプしている間に足を開脚し足を閉じた位置に戻す。

【手順3】
連続して開脚を行なっていく。

【効果】
下半身をコントロールする能力を習得し、下半身の動きを改善するため。

【注意点】
ジャンプのタイミングで出来るだけ開脚の幅を広げ、ジャンプした中で足を開く動作と閉じる動作を行うようにしましょう。

【回数】
10〜20回×2セット

 

④下半身のバランスと瞬発力を高めるトレーニング

【手順1】
片足でバランスをとりながら立つ

【手順2】
片足立ちしている足で地面を蹴り出し、蹴り出した足で着地する

【手順3】
バランスをとりながら上半身の動きに釣られないように動きを意識する

【手順4】
片足でのジャンプと着地を繰り返す

【目的】
下半身の瞬発力を向上させるため。

【効果】
片足でのバランス感覚を養うことができ、上半身をコントロールできる動きを習得することができる。

【注意点】
片足でジャンプをしていきジャンプした足で着地をして、着地した後もバランスをとって片足で立つようにしましょう。

【回数】
左右各5〜10回×2セット

 

⑤体幹と上半身の強化トレーニング

【手順1】
腕立ての姿勢を取る。

【手順2】
片方の腕を上げる。

【手順3】
バランスを取っているもう片方の腕の下を通るように、上げた腕を通してくる。

【目的】
肩の力が入る位置を見つける。

【効果】
体幹と上半身の強化、肩甲骨の安定性を獲得する。

【注意点】
姿勢はあまり変えず、動作を行うようにしましょう。

【回数】
10〜20回×1セット

 

ぜひ、球速アップに向けて取り組んでみてください!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録