大川 画像こんにちは!
BASEBALL ONE
豊川フィールド
大川学史です。

 

 

先日、餃子好きの私は
浜松まで餃子を食べに行ってきました。

浜松餃子を今まで一度も
食べたことがなかったのですが
美味しかったですね!!
ぜひ、また食べに行きたいですね!!

浜松まで
下道で1時間もあれば着くので
「これならいつでも行けるな!」
と思っています。

さて、
すっかり寒くなり、
チーム練習では技術練習の時間より
トレーニングの時間が増えていく
時期になっているのではないでしょうか?

トレーニングの時間が
増えていくからといって
技術レベルを上げるための練習も
疎かにしてはいけません。

きっと、あなたのチームでは
トレーニングメインの練習でも
「キャッチボール」は必ず
行うのではないでしょうか?

この毎回行うキャッチボールを
大切にしなければ、
どれだけ良いトレーニングをしても、
どれだけ素晴らしい知識を身につけても
何の役にも立ってこないでしょう。

キャッチボールは「基本」
と言われるように
大切な要素がたくさん詰まっています。

あなたは
「キャッチボールが大切」
野球を始めて一番最初に
教えてもらったはずなのに・・・

キャッチボールの一球目に
手先のみで適当に投げていませんか?

捕球するとき、足は使えていますか?

小・中学生の選手で
キャッチボールを疎かに
している選手を
非常に多く見受けられます。

あなたはこれでは
『上達しない!!』
そんなことは言わなくてもわかりますよね?

一球目から大切に投げて下さい。
相手のボールがそれた時
足を使って捕球しに行って下さい。

ピッチング向上にも
「キャッチボールの意識」を
変えなければいけません。

先日、ある記事で
ドラフト指名された選手が
「キャッチボールを大切にするようになり
ピッチングが大きく成長した」
こんな事を言っていました。

誰でもわかるような当たり前のことが
記事になるのは
正直驚きましたが
『大切にできていない選手が多い!』
ということが現状です。

様々な情報が溢れている今!
「○○理論!!」
「○○方法!!」
などといったことを実践する前に
まずはキャッチボールを
見直してみてはいかがでしょうか?

それからはじめて、
様々な理論や
私たちがご紹介している練習方法は
あなたのお役にたてるのではないでしょうか?

 

最近の投稿記事

【投手必見!!】タイミング の取りにくい 投球フォーム とは?

小学生! ピッチャー 球速アップ しました!!

バッティング 開きが早い選手必見!

【投手必見!】試合前のブルペンで確認しておきたいこと

【動画】 投手 に取り組んでほしい 体幹トレーニング