あなたはバッティングで
こんなアドバイスを
受けたことはありませんか?

 

「肩を下げるな!」
「肩が下がっているぞ!」
(右打者であれば右肩)

 

これはおそらく
ゴロを打て!という流れから
きているのではないかと思います。

 

フライを上げると
「肩が下がっているぞ!
だから、フライになるんだ!叩け!」
と小学生、中学生の選手が
アドバイスを受けている場面を目にします。

 

BASEBALL ONEに
お越しいただいた選手の中にも
「肩が下がっていると言われます。」
とお話しする選手がいます。

 

「じゃあ、肩を下げずに低めはどうやって打つの?」
と私たちは質問します。

 

ほぼ全員の選手は
「・・・・・・。」

 

意地悪な質問ではありますが
大切なことですよね!

 

答えられない選手は
訳もわからずに
スイングしてしまっているのです。

 

それではレベルアップは
難しいですよね。

 

結論から言うと
バッティングにおいて
基本的に肩は下がります。

 

現にプロの選手も下がっています!

sakamoto1

sakamoto

これは高さもベルト付近ですよね。

 

それを無理やり
下げないようにと取り組むことで
スイングが崩れてしまうのです!

 

そうすれば当然、
ボールに当てることや
飛距離も伸ばすことができません!

 

勘違いしてはいけないのが
肩を下げていけないの場面は
テイクバックからトップに入る時なのです。

 

その時に肩が下がって入ると
バットが遠回りして、
ミートしにくくなってしまいます。

 

そして目線もずれやすくなり
顔が動いてしまいます。

 

トップまで肩を下げずに
入っていくことができれば
あとは腰の位置が下がらずに
スイングができていけばいいのです!

 

腰の位置を落とさずに
スイングしていくことについてのお話は
バッティングマスタープログラム
-コース別対応編-
で解説しています!

 

今回は内容の一部を公開していますので
ぜひご覧ください!

 

▼動画はこちらから▼

 

いかがでしたか?

 

どの場面で肩を下げてはいけないのか?

また!
振り出しの時は肩ではなく
腰の位置に気をつけること
バッティングが改善されていきます!

 

コース別の打ち方に関して
もっと詳しく知りたい!

また!
コース別の打ち方の練習方法が知りたい!

そんなあなたは
バッティングマスタープログラム
-コース別対応編-
を参考にしてください!

 

▼詳しくはこちらから▼