burog

 

早速ですが
あなたのお子様のグローブを
下に置いた時にどうなっていますか?

 

グローブの型はとても
守備に影響を与えてしまいます。

 

上手くボールを
捕球することができない
悩んでいるのであれば
一度グローブの型を
見直す必要があります。

 

例えば先ほどの
下に置いた時の画像。

 

黒色のグローブのように
潰れているような

型になってしまっていると
注意が必要です!

 

なぜ、注意する必要があるのか?

 

常にグローブを閉じてある状態ですと
開く時に力を入れる必要があります。

 

さらにボールがグローブに当たる面積が
狭くなってしまいます。

 

そのためグローブの芯で
捕球することができずに
エラーが多くなってしまうのです!

 

少年野球の選手に多いのですが
掴むことばかりに意識がいき
自然と閉じるような
グローブになってしまいます。

 

確かに小学生であれば
グローブも硬く
掴む意識になることもわかります。

 

しかしボールは
そこまで掴まなくても
捕球することができます。

 

考えてみてください!

下に落ちているものを拾う時に
力いっぱい掴みますか?

 

ボールも捕球する時に
そこまでして
掴む必要がないのです!

まずはしっかりと
ボールが入ってくる面積を広げ
あとは投げる方の手を使うことで
捕球することもできますし
素早く握り変えもすることができます!

 

よく「両手で捕れ!」
耳にするかと思いますが
片手で捕球している選手が
必要以上に掴んでしまっていることになります。

 

捕球の仕方が
グローブの型として
出てきますので
注意してみてください!

 

「守備を上達させたい!」
そう考えているあなた!
BASEBALL ONEの
大人気サービスである
オンライン解析。スマホで撮影した動画を送るだけで
あなたの今後のレベルアップのための
練習方法をご提案させていただきます!

 

オンライン解析は
バッティングやピッチングはもちろん
『守備』も解析することもできます。

 

スマホで守備動画を撮影していただき
BASEBALL ONEにお送りください!

 

BASEBALL ONEが
あなたのレベルアップを
サポートします!

 

▼▼▼オンライン解析はこちらから▼▼▼

画像に含まれている可能性があるもの:電話、テキスト