今回はバッティングでの打率を上げる為に、知っておきたい!考え方の一つをお伝えしていきます!

 

高い打率を残すための考え方

あなたの一番好きなコース・球種は何ですか?

 

もし!あなたが
「真ん中からインコースよりのストレートが一番好き!」
と答えたとします。

しかし!あなたのスイングフォームからするとアウトコースや変化球の方が打率は残せるのかも知れません!

 

恐らく、インコースが好きと答えたのも、インコースが一番強い打球が打てるかもしれません。

 

ここでよーく!考えていただきたいです!

ピッチャーからするとアウトコースに投げる確率が高いです。

それに対して、あなたが好きなインコースよりのボールを待っていても追い込まれてしまいます。

 

こうなってくると厳しいですよね…

 

ツーストライク追い込まれてからインコースに

ズバーン!!!!

・・・・・・・。

見逃し三振。もしくはドン詰まりの当り…。

 

これでは悔いも残りますし、もちろん結果も出ません。

 

ではどうすればいいか?

アウトコースの真っ直ぐに標準を合わせてみてはいかがでしょうか?

 

もちろんそのためにはフォーム改善も必要不可欠になってきますが…。

 

ですが、アウトコースに打ち気になっていれば、インコースは対応できたりするものです。

 

しかし、インコースを打ち気になっていても、アウトコースへの対応は難しいものです。

 

ですので、こういった「考え方」も、あるということを頭に入れながら、打席に入ってみてはいかがでしょうか?

 

そうすることにより確率は上がってきますよ!

 

ピッチャーのことを考える

先ほどお伝えしたアウトコースに標準を合わせること。

 

その意図としてはピッチャーが投げてくる割合として、アウトコースが多いということでした。

 

そういったアウトコースに標準を合わせることで、ピッチャーの特徴が見えてくるのです。

 

その特徴としてどのようにカウントを取っているのか?という点です!

 

ピッチャーもカウントは悪くしたくないので場面にも寄りますが、比較的に1球目、2球目というのはストライクを取れるボールを投げてきます。

 

これが分かるようになってくると、狙い球やコースを絞っていけるようになります。

 

そしてそのカウントを取ってくるボールとして、アウトコースが多いのです!

 

どういったボールでカウントを取ってくるのかという視点で他の選手の打席を見るといいでしょう!

 

技術は考えない

バッターボックスの中で技術面のことを考えてしまう選手が多いです。

 

「テイクバックはこうして… 」
「振り出しでは…」
「ヘッドを返すときは…」
そう考えすぎてしまうと相手のボールに対して反応ができません!

 

ですので、バッターボックスでは技術面のことは二の次にして、ピッチャーとの勝負に備えましょう!

 

打てなかった反省材料として「あそこがこうなってた」と振り返り、技術面は練習で突き詰めていきましょう!

 

バッターボックスでは今までやってきたことを信じて思い切り勝負していきましょう!

 

ボールに反応しているか?

今あなたがインコースが打てているのも、あなたがボールに対して反応してるのではなく、投げられてくるボールがあなたのスイングにただ合っているだけかもしれません!

 

打率を上げるためにも先ほどお話しましたボールに反応していくことが必要です!

 

あなたはどんなボールにでも反応できていますか?

 

ボールがあなたのスイングに合わしてくれていませんか?

 

考え方を身につけるためにも同時にスイングフォームの見直しが必要となっていきます!

 

打率アップするためのスイングフォームも獲得していきましょう!



見るだけで野球力がアップする動画を

今だけ無料でプレゼント中!

我々の野球上達ノウハウを解説した動画教材

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」

ビービーワン通信(無料)にご登録いただいた方

無料でプレゼントしています。

「BASEBALL ONE野球上達プログラム」は

野球をプレーする野手・投手

野球を指導する指導者

お子様を応援する保護者様

などなど野球の上達について興味がある人なら

誰にとっても大変価値がある動画教材です。

▼完全無料!!ビービーワン通信の登録はこちらから▼

メルマガ登録