大川 画像こんにちは!

BASEBALL ONE

豊川フィールド

大川学史です。

 

 

野球において下半身を使う!

ということは昔も今も言い続けられています。

 

特に!

ピッチャーというポジションは

野手以上に走り込んだりと

下半身の力が必要とされています。

 

しかし、

ほとんどの選手が

どのように使ったらいいのか?

ということを知らない選手が

多い様に感じます。

 

そこで!

今回は実際に私がモデルとなって

お話をします。

 

私自身、肩の故障後

トップの位置からボールが離れるのが怖く、

どうしても上体が突っ込み気味に

なってしまうことが現役時代からの

悩みでした。

 

こうして現役時代に

解析ができるツールがあれば・・・

 

そんな後悔今更しても

仕方がないですよね(涙)

 

 

・上体が突っ込んでいる!

・手投げになっている!

 

そう言われたことがあるあなたは

私のようになっていないか

確認してみて下さいね!

 

上体が突っ込んでしまえば

球速が出にくいことはもちろん、

身体の開きも早くなり、

バッターからはボールが

見やすくなってしまいます。

 

 

そこで!

私が改善したポイントがこちらです。

変化

上側が改善後ですが

まだ、上体がやや突っ込み気味なものの

踏み出し足が着地後

まだ、身体が残っていることがわかります。

 

それに対し、改善前は

着地後にすでに回転してしまっています。

 

私自身、

改善前も感覚では身体が

開いてないつもりでしたが

実際はかなり開いている状態でした。

 

感覚のみは恐ろしいですよね・・・。

 

改善したポイントは

踏み出し足の角度です。

 

下側のように

地面に対してほぼ90度になってしまうと

体重移動の勢いを踏み出し足で

止めきることが難しいため、

上体が突っ込みやすくなってしまいます。

 

踏み出し足で

支えることができなければ

回転の速度はどうしても

弱くなってしまいます。

 

そこで、

上側の画像のように

踏み出し足の角度を

変えたことで、

球持ちも良くなり

下半身が安定するようになりました。

 

踏み出し足の膝が

90度以上になっている場合は

今すぐに!治す必要があります。

 

さらに、

上体の突っ込みをなくすためには

やはり下半身の強化は必須となります。

 

 

突っ込んでしまう

あなたにはこのトレーニングがオススメです!

 

 

【シングルレッグ ヒップリフト】