大川 画像こんにちは!
BASEBALL ONE
豊川フィールド
大川学史です。

 

 

昔では主流であった
大きくとっていたテイクバック動作も
近年コンパクトにモデルチェンジしています。

テイクバック動作が小さい
代表的な投手は
摂津投手でしょうか。

こちらは以前、ブログでも
ご紹介させて頂きました。

テイクバック動作を変えることは
非常に難しいもので
投球すべてのタイミングが変わるため、
なかなか改善が難しいものです。

そこで!本日は
このテイクバック動作を
スムーズに!尚且つ、
肩甲骨を最大限使えるようにするための
練習方法をご紹介いたします。

こちらは
ピッチャー以外の野手のあなたにも
スローイング動作を習得するために
効果的な練習方法です。
ぜひ、参考にして下さい!

両手に2球ボールを持ち
肩甲骨を回してボールを投げます。

顔の前でボールを持つ際は
小指を顔の方向へと向けます。

肩甲骨を回すように使い、
両腕を広げた際には
ボールを体の外側を向けます。

このように2~3回、回してから
投球します。

肘の位置が下がらないように
注意してくださいね!

この練習を繰り返すことで
柔軟性も獲得できるので
ぜひ!参考にして下さいね!

とう

最近の投稿記事

【練習動画】一人でも出来る! スローイング 練習方法

【練習動画】 ピッチャー 一人でも出来る! フィールディング練習

【練習動画】コントロール上達のための練習方法

【練習動画】 打撃 ポイントを確認するための練習方法

寒いこの時期こそ『 キャッチボール 』を大切に!!