愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!

MENU

テイクバック時の3つのポイント

 

テイクバックとは、
軸足に乗せたときや、
足を上げて前足を地面に付けたときに、
体とバットの距離を少し離してあげる動作のことです。

このときに、
注意しなければいけないポイントが
三つあります!

バットの先を一緒に引いていないか?!

何故バットの先を引いてはいけないのか?

バットの先が一緒に後ろに行ってしまうと、
テイクバック時に
手に力が入ってしまっているということです。

テイクバック時に力が入ってしまうと、
インパクトの瞬間に力は伝わりにくいです。

そこをまず意識していきましょう!

手の位置

手の位置というのは、
テイクバックを取ったときに、
上げ過ぎないということです。

上げ過ぎてしまうと、
ダウンスイングになりやすくなってしまうので、
上半身が突っ込んでしまい、
ボールを切るようなスイングになってしまいます。

こういったスイングにならない為にも
肩のラインの位置でテイクバックを
取れるようにしていきましょう!

そうすることで、
バットは真っ直ぐ出てくるように
なってきますのでボールを捉えたときに、
力が伝わります。

このテイクバックの位置というのを
意識していきましょう!

肩は入りすぎていないか?

テイクバックを大きく取ろうとしすぎて
肩を入れてしまう選手がいますが、
肩を入れてしまうと、もちろんですが、
ピッチャーが見えませんよね?

そうなると、
球を見ようとして
体の開きが早くなってしまいます。

早く開いてしまうと、
強い打球はいきませんよね?

肩が入らない位置まで
テイクバックを取ることを意識しましょう!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

店舗所在地情報 名古屋フィールド 豊川フィールド碧南フィールド一宮ベースボールジム岡崎フィールド小牧バッティングスクール半田バッティングスクールビーワン鍼灸治療院碧南バッティングセンター

動作解析投球解析打撃解析オンライン解析チーム出張解析県外プラン個人指導ピッチングプランバッティングプラン内野手プランキャッチャープラン

グループトレーニングバッティングスクールピッチングトレーニング体幹・股関節トレーニング走力アップトレーニングビーワン!KIDS

施設利用野球専用ジムトレーニングルーム室内練習場貸出spオンラインセミナー教材オンライン解析カード

【B1】Member Only Web Media

  • facebook
  • twitter
ビービーワン!通信 LINE facebook Youtube Instagram   LINE
ドラゴンズアカデミー   ドラゴンズカップ   求人情報
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.