愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!

MENU

座った状態でカーブを投げて球速とコントロールを向上させる方法

 

ロゴ

 

まず、この練習方法で引っかかるポイントが1つありませんか?

カーブ

 

そう!一般的な考え方であれば
カーブを投げすぎるとストレートが遅くなる。
あなたも一度は聞いた事があると思います。
しかし、本日ご紹介する練習方法はカーブを投げる事で
球速やコントロールを安定させる。のです。
(小学生の選手はスローボールでOKです!)

また、これからカーブを覚えたいという選手には
この練習は一石二鳥です!

この練習方法の目的をお伝えすると

うで

 

リリースがいくら安定していても腕の振りがバラバラだったら
どうなると思いますか?
あなたならその状態が簡単に想像できると思います。

リリースを安定させる前に「腕の振り」です。

ひじ

左が良い振り、右がダメな振りです。
本日配信するムービーの中でもお話していますが
ここも「肘が下がっている」という場所になりえますので、

トップの位置が良くても
球速が出ない、コントロールが悪いという選手は
よーーーく!このポイントを聞いて下さい。

 

カーブ

 

カーブという球種は先ほどご覧いただいたよう
右側の写真のような肘の使い方をしてしまうと

変化がしにくく明らかにストレートと
フォームが変わってしまい相手打者に
見極められてしまいます。

 

そこで本日配信する方法で腕の振りを覚えてもらうと
カーブを投げる上での下地ができるわけです。

またこの下地、つまり!腕の振りを覚えてもらうと
ストレートにも効率よくいきるようになるというわけです!
本当に簡単な方法です!

ぜひ!ゆっくりとご覧下さいね!

すわる

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

店舗所在地情報 名古屋フィールド 豊川フィールド碧南フィールド一宮ベースボールジム岡崎フィールド小牧バッティングスクール半田バッティングスクールビーワン鍼灸治療院碧南バッティングセンター

動作解析投球解析打撃解析オンライン解析チーム出張解析県外プラン個人指導ピッチングプランバッティングプラン内野手プランキャッチャープラン

グループトレーニングバッティングスクールピッチングトレーニング体幹・股関節トレーニング走力アップトレーニングビーワン!KIDS

施設利用野球専用ジムトレーニングルーム室内練習場貸出spオンラインセミナー教材オンライン解析カード

【B1】Member Only Web Media

  • facebook
  • twitter
ビービーワン!通信 LINE facebook Youtube Instagram   LINE
ドラゴンズアカデミー   ドラゴンズカップ   求人情報   イベント情報
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.