愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!

MENU

右ピッチャー 1塁牽制 練習方法

 

ロゴ

 

右ピッチャーの一塁牽制の
練習方法をご紹介したいと思います。

牽制の重要性は
このブログで何度もお話をしているので
もう大丈夫ですよね?!

牽制は軽視されがちですが
試合の流れも変えることができる
重要なプレーですので、
毎日のキャッチボールの後に
5球でいいので練習してほしいです。

牽制において
小・中学生が一番はじめに悩むことは
「踏み出し足」ではないでしょうか?

ターンを早くしようとすると
左足の位置が中途半端になり
ボークを取られてしまうのではないか?

左足をしっかりと一塁側に向けようとすると
ターンが遅くなってしまう・・・。

このようなケースで悩みを抱えているという声を
よく耳にしていました。

そこで!
ご紹介する練習方法を実践してみてください!

この練習を繰り返し行い、
しっかり左足を踏み出すことを習得します。

そこから数を重ね、
・どこを一番はじめに始動するといいのか。
・どこを軸にするとターンがしやすいのか。
・ホームに投げる時との動作の比較。

これらを確認し、
ターンの早さを求め、
反復することで牽制は上達していきます。

牽制上達のコツは
『数をやること』です。

そこから、間合いなど
様々なバリエーションを持つことで
試合を優位に運ぶことができます。

それでは動画を御覧ください!

PS
牽制に自信が持てるようになると
「フォアボール出しても刺すことができる」
そういった思考になり
ピッチングにも余裕が出てきますよ!

牽制が上手いと言われるピッチャーは
テンポ・リズムも良いピッチャーが多いですね!

牽制(様子をみる)

牽死(刺しに行く)
このように思考を変えて欲しいものです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

店舗所在地情報 名古屋フィールド 豊川フィールド碧南フィールド一宮ベースボールジム岡崎フィールド小牧バッティングスクール半田バッティングスクールビーワン鍼灸治療院碧南バッティングセンター

動作解析投球解析打撃解析オンライン解析チーム出張解析県外プラン個人指導ピッチングプランバッティングプラン内野手プランキャッチャープラン

グループトレーニングバッティングスクールピッチングトレーニング体幹・股関節トレーニング走力アップトレーニングビーワン!KIDS

施設利用野球専用ジムトレーニングルーム室内練習場貸出spオンラインセミナー教材オンライン解析カード

【B1】Member Only Web Media

  • facebook
  • twitter
ビービーワン!通信 LINE facebook Youtube Instagram   LINE
ドラゴンズアカデミー   ドラゴンズカップ   求人情報   イベント情報
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.